プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2012年12月12日

小さな温度センサ

今日は2012年12月12日、12が3回続く日です。見積書に日付記載しながらイッチニィ、イッチニィの日だぁと気づきました。それがどうしたと言われそうですが、、、、

最近、ガラスヒーターの温度検出に薄膜白金抵抗体を使い始めました。


   ☆人差し指にチョコンと乗っかったのがそうです。

通常は熱電対を使用します。幅広い温度レンジを検出できるのが利点ですが、精度があまりよろしくない。そこで小型で高精度なものが求められる分野で適用を広げています。

配線の都合で今のところ100℃以下の用途に限定していますが、細胞培養などの温度制御ではせいぜい40℃くらいまでなので問題ありません。

小さなことを一つ一つという趣にピッタリの部材です(それが言いたかったwww)。  
タグ :温度センサ

Posted by 株式会社ブラスト at 13:33Comments(0)ガラスヒーター(技術)