プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2012年07月12日

スライドガラス用加熱ステージ

インターフェックスでは顕微鏡のスライドガラスそのものが熱くなるアプリケーションを展示しました。

しかし少数だと相変わらずコストが高い。普通のスライドガラス並みとまではいかないにしても、ディスポ的に使用できる価格にするには一度に何千枚も製作する必要があります。

一方で、研究ツールとして使用したいニーズは確かにありそうです。透明で小さな加熱ステージに載せて、スライドガラスを間接的に加温する。その分値段もリーズナブルに設定できれば、、、

そこで、そういった専用ステージを作ってみました。


何のことはない、50mm角のユニットS-051のカバーを広げてスライドガラスが嵌るようにしただけです。


でも、思ったより収まり良さそうなのです。組織の染色などスライドガラス全体を加熱したい場合には向きませんが、中央部だけを加熱したい場合はむしろこちらの方が使い勝手よさげです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:42Comments(0)ガラスヒーター(実例)