プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2012年07月05日

バイアル3兄弟

バイアル(小瓶)に透明導電膜を蒸着して、それ自体がヒーターになるものを色々と紹介しました。その1その2

インターフェックスでは”その1”の方式で3本同時に加熱できるユニットを展示したところ、こちらもご好評いただきました。



さらに3連にして合計9つを温調出来るユニットも製作できます。揺動プレートを下に敷けば、加温と同時に簡易な撹拌も出来そうで、応用の幅はどんどん広がります。

しかし問題はコスト。一品モノゆえにかなりのお値段なので、今のところ予算が豊富な一部の研究機関しか対象になってもらえないのです。

商品企画して在庫リスクを負担すれば、コストも相応に下がってセミディスポ的に使えるでしょう。今のところカスタム品の扱いですが、いずれ標準品にラインナップしたいものです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:56Comments(0)ガラスヒーター(実例)