プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2012年06月05日

大学での講義

先週は母校の広島工業大学へ行って、機械工学科の1年生に講義をしてきました。


   ☆学び舎はいつ行っても新鮮な気持ちになります。

機械工学全般に関するガイダンス的な内容で、今までの開発テーマを例にして各科目の実用的な側面を話しました。

年を重ねるほどに、新しいテーマに出会う度に、基礎学力の重要さを実感します。基礎があるから応用も出来るわけで、流行や時代にとらわれない自分自身のアイデンティティに昇華していくのです。

でも学生のうちはよくわからないのですよね(自分もそうだったwww)。だからこそ社会人がこうやって講義するわけですが、今回はちょっと固すぎたかな?

来月も同じ1年生に講義があります。次はより社会に即した実用面を話す科目になっているのですが、軽い内容にすると大事なことが伝わらない。危機感と夢を合わせ持つような話をしたいものですが、これがまた難しい。

学生相手に話すのは自分自身のためになる勉強ですね。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:48Comments(0)徒然なるままに