プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2012年04月28日

ステージヒーター

金曜日はバイオEXPOに行って来ました。去年まではインターフェックスとの共催でしたが、今年からは別になっています。

最近は色々な企業がバイオテーマを手掛け始めていますね。それも一見無関係に思えるような、しかも大手の企業さんが続々と。

金融主導で象られた一時のバイオベンチャーブームとは全く異なり、基礎技術や流通網といった経営資源を実に上手く活用されて、事業としてリアルな動きを醸し出しています。

先週のMEDTECでもガラスヒーターによるバイオ研究ツールのお引き合いを幾つか頂きました。今まで標準かつ汎用として紹介してきたガラスヒーターも、顕微鏡ステージヒーターと名前を変えるだけで見方がガラリと変わります。


  ☆10cm角のガラスヒーターユニットS-101(ちょうど顕微鏡ステージに載るサイズ)

「規模はコンパクトに精度は高く」というブラスト社のポケットラボ構想は、バイオ分野における研究開発の初期段階にぴったりなのです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 13:56Comments(0)ガラスヒーター(実例)