プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2012年02月24日

セラミックの紙

ガラスヒーター用のホルダとして耐熱素材を新たに探し当てまして、中々に使い勝手が良いとわかりました。で、こんどはパッキンのお話。

チューブ形状のガラスヒーターを配管する場合は繋ぎ部分をシリコンシートでシールします。しかしシリコンは200℃くらいまでしか持ちません。
水やガスを流すと熱を奪われるので、今まではそれで対応できていましたが、最近はもっと高温にしたいというニーズも出てきています。

ペラペラで弾力性があって耐熱500℃くらいのを探していたら、、、ありました!


  ☆セラミックペーパー

繊維状のセラミック素材を不職布のようにシート状にしたもの。何と1200℃まで耐えられます。しかもサークルカッターで簡単に切れる。おまけに安い。

セラミック成分と言えど一応は紙なので液体を加熱する際には使えませんが(濡れるとダメ)、ガスの加温にはぴったりです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:48Comments(0)新しいもの