プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2012年02月01日

新しい部材

ガラスヒーターの耐熱ホルダに使う材料が生産中止になったので、代替材料を探していました。

中々ピタリと来るものが見つからなかったのですが、とある材料系商社さんが良いものを提案してくれました。

雲母をブロック状に焼結成形した合成マイカです。高温での絶縁材によく使われるという、まさにぴったりな代物。旧番が廃止になっていたのですが、新しい品番になって再登場していました。

サンプルをもらったので加熱試験をしてみました。500℃に加熱したガラスヒーターに載せ、変形量を確認します。


  ☆白いのがサンプル(ピンボケ失礼っ)

ノギスで加熱直後の寸法を計測すると、0.3mm伸びてる。。。物性データでの計算値よりも意外に歪んでる?!いや、実はポリイミドももっと歪んでいたのかも。

公差を見直さねばなりませんが、物性値は以前使っていたポリイミドより良好で、しかも調達も加工もしやすい。ケイ酸カルシウムみたいに粉を吹かないし。結構使えそうです。

ところで、以前の記事で部材がないと騒いだ時、アメリカとビジネスしよう!の岸岡社長から”アメリカでも代替材料を探してみます!”ってメッセージをfacebookで頂きました。とっても嬉しかったです。今回は日本で見つかりましたが、いつか一緒に仕事したいですね~。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:17Comments(0)ガラスヒーター(技術)