プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年12月09日

加熱バイアルの別Ver.

加熱バイアルのパッケージを試行中ですが、別のバージョンも考え中です。

導電膜をバイアルに直接蒸着すると伝熱効率としてはベストなのですが、色々なサイズに対応する必要があり、どうしても在庫リスクやコスト高の原因になります。

それを解消するための別バージョンはジャケット式にすること。


  ☆バイアル in ガラスチューブヒーター

つまりバイアルがすっぽり入るガラスチューブヒーター用意して、そこに入れて加熱するというもの。
これなら寸法が多少違っても吸収できます。それにバイアルは既存の消耗品のままなので、オペレーションも簡素化できるメリットがあります。

だけど、やっぱり伝熱効率はガクッと落ちるのですね。あっちを立てればこっちが立たず、システムのトレードオフ要件です。

まだニーズの吸い上げが足りません。修業してきます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:30Comments(0)ガラスヒーター(技術)