プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年08月31日

免疫染色ヒーター

バイオジャパン2011に向けて、色々と展示物を準備中です。マイクロリアクター改に加え、免疫染色用のヒーターユニットも作成しているところです。


このデバイスは細胞組織に色をつけるものです。患者さんから採取した組織をスライドガラスにセットし、専用試薬と温度をかけて組織に色をつけ、病理学的な診断を行います。
一般的には一度に何十系統も行う装置が販売されていますが、結構大きくて高額です。そこで1系統だけに限定して、でも「安くて・手軽に・現場で・精度よく」できるものは、新しいニーズが生まれると思うのです。

この手のデバイスはTip-on-Labsとか言われて超小型の卓上実験室ができるとか注目されていましたが、実際はそれほど普及していません。価格が超小型じゃないのがネックなのか。
売り上げ規模が重要な大手さんだと中々難しいかもしれませんが、超小型?!のベンチャーにこそ商機がありそうな分野です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 13:19Comments(0)ガラスヒーター(実例)

2011年08月29日

マイクロリアクター改

昨年のバイオジャパン2010に絡み、マイクロリアクターを記事にしました。あれ以来、実験用としてポツポツ購入されています。加温能力に不満はないのですが、取り扱いに少々難がありました。

マイクロ流路チップを交換するためにホルダを外した際、ガラスヒーターも全部外れます。再び組み付ければ機能には問題ないのですが、外したときに電極がむき出しになってしまうのです。

まだ試作段階と言うことでお客さんも承知の上ですが、インターフェックス以降引き合いも増えていますし、今年もバイオジャパン2011に出展することだし、標準仕様にすべく改良しました。


  ☆改良したホルダユニット♪

つまり、ガラスヒーターはずっと固定した状態で、マイクロ流路チップだけ取り外しできるというもので、これなら安全です。交換の際にうっかりガラスヒーターを割ってしまうことも防げます。

何気ない細かなことですが、全般的に利便性を盛り込んで制作するようになってきています。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:55Comments(0)ガラスヒーター(実例)

2011年08月27日

紫の君

実家から届いた紫色のジャガイモ。中身まで紫でした。

  ☆右が皮を剥いたもの

マッシュポテトを作ったらこうなる。

  ☆まるで、あずきクリームヽ(゜▽、゜)ノ

見かけは甘そうだけど、味はもちろんしっかりジャガイモ。でも普通のジャガイモより深みのある味で、美味しいのです。
見かけは穏やか中身はタフ。そういう人間になりたいものです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 06:28Comments(0)料理

2011年08月24日

800℃の苦悩

うちのお客さんは大体が大手メーカーさんですが、節電のためラインを通常より長めに止めてしまうらしく、今週まで休みというところが多いです。中には今月いっぱい休みってところも。。。
電話やメールが激減していつもより落ち着いているので、色々な試みやってみます(先だっての透明フィルムヒーターもそう)。

昨日は、、、最大温度に挑戦!

弊社のガラスヒーターは500℃まで発熱するとうたっていますが、これは能力の限界値じゃなく品質保証の上限値です。これ以上に発熱させることも出来るけど、壊れても保証しませんってことで(^^;)

650℃まで上がることは確認できています。そこで、実際にはどこまで上がるのか実験してみました。5cm四方のガラスヒーターに電気を流し、電圧を上げていきます。赤外線放射温度計でガラスヒーターの表面温度を計測。


 ☆夏休みの自由研究だな、こりゃ

すると、最終的に800℃まで上がりました!∑(゚Д゚)
1回だけの短い加温ですが、特に壊れてもいません。何だか500℃ って数値が可愛らしく見えてきました。。。

9月からは各社さんの下期予算に伴って動きが活発化しそうで、営業アポが目白押しです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:41Comments(0)ガラスヒーター(技術)

2011年08月23日

ガラス?ヒーター?

ガラスヒーターの総合案内用写真を取りなおしてみました。


  ☆ガラスの撮影は難し~い><

ガラスヒーターはその他にも透明ヒーター、透明導電膜ヒーター、発熱ガラス、ヒートガラス、ウォームガラス等々の呼び名があります。機能や形状を示す名前は商標登録できないので、各社ロゴや字体でマークとして登録するわけです。テキストにした途端に一般名称となります。

それで、ガラスを使ったヒーターなのか、ヒーター機能が付いたガラスなのか、それが問題です。どっちでも良いように思えますが、実はネット検索でのディレクトリ分類でえらく違いが出るのです。

ガラスであれば材料の分類ですが、ヒーターであれば産業機器の分類です。今まではヒーターとして産業機器のディレクトリに入れていたのですが、お客さんによっては材料から探す方も結構いらっしゃることが分かりました。
そうすると探し出すのにまた手間暇かかるわけで、”やっと見つけたよ~”と言われることも^^;

どっちからも探せるようにしておけば良いことなので、材料分類でも登録しなおし始めています。  

Posted by 株式会社ブラスト at 11:37Comments(0)ガラスヒーター(技術)

2011年08月22日

透明フィルムヒーター

温灸ガラスヒーター以来その用途が広がっていますが、ガラスヒーターの最大の欠点は”割れる”ことです。ガラスゆえに仕方ないことです。

そのため基材にガラスじゃなくフィルムを使ったものはないか、という問い合わせがちらほら来ます。でも透明フィルムヒーターは意外にも数社から販売されているのです。主に保温用で温度は数十℃くらいまでなので目新しさはなく、今さら価格競争に乗り込む気もないしなぁ。

それでも”出来ない”と言うだけでは芸がないので、試しに作ってみました。


  ☆透明フィルムヒーターは曲げても使えます♪

実はこれ、液晶パネルに使われている透明導電膜フィルムの両端に銀ペーストを塗っただけのもの。透明導電膜フィルムは広く販売されていますので、サンプルで幾つか引いてみました。

加温能力は最大でも100℃くらい。ガラスヒーターよりずっと低いですが、フィルムの耐熱性が100℃ちょっと、そもそもフィルムを求められるテーマは余り高温を要しないので、これくらいで良いのです。

色々試験して、一つ気が付きました。確かに衝撃には強いのですが、傷が目立つ!

ガラスじゃ少々擦過しても傷一つ付かないのに、フィルムはシャシャッっていう筋が直ぐに入ってしまう。これはちょっと厄介です。

ただ、長所短所を理解して使い分けすればいいので、バリエーションが増えることは良いことです。大事なことは、これをどう活かしていくか。多様な温度制御は勿論、高効率な伝熱レイアウト、断熱筺体などなど。
弊社は単なるヒーター屋ではなく「総合的な熱ソリューション」に主眼を置いているので、透明フィルムヒーターも商品ラインナップに加えようと思います。  

Posted by 株式会社ブラスト at 15:46Comments(0)ガラスヒーター(技術)

2011年08月21日

週末の一時

来週は私の誕生日ということで、昨日は妻とお買い物&ディナーにと丸の内へお出かけ。前から狙っていた財布をプレゼントに買ってもらい、ご機嫌です。


  ☆週末の丸の内界隈は人通り少な目

夜はバルバッコアでシェラスコを堪能。シェラスコは”肉っ!”って感じタップリで大好きです。昔は何巡も食べてましたが、年取ったせいか昨日は1巡でお腹パンパンに。


  ☆色々な種類のお肉をテーブルで豪快に切り分けてくれます。

バルバッコアは表参道店には何度か行ってましたが、丸の内店は初めて。ここは料理の美味しさもさることながら、サービス良好で心地よい時間が流れ、気楽ながらも上質な”食べるエンターテインメント”を楽しめます。

気をフル充電し終えて家に帰ると、近所の花火大会が夜空を彩っていました


明日からまたバリバリ仕事できそうです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 12:52Comments(0)徒然なるままに

2011年08月19日

温灸ガラスヒーター

小さいガラスヒーターのことを2度にわたって紹介していました。実はこれ、電気式温灸の熱源に採用されたのです。


 ☆今までにない、見える温灸!

透明でツボが見えるという見た目のインパクトもさることながら、ガラスの高い輻射率(カーボンと同等)で低温でも十分に熱刺激が伝わって、心地よさも倍増なのです。


 ☆本体には4つの温灸端子を接続できます。

クライアントの方で薬事法の認可を取って、先月から病院・治療院向けの医療機器として正式販売されています。鍼灸用以外にリハビリなど新分野へも開拓していくということで、弊社でも展示会等で積極的に宣伝していくこととしました。

この小さいガラスヒーターは15mm四方の大きさで、DC5V(乾電池3本で4.5V)を使えば100℃近くまで発熱します。化学・バイオの分析にも用途があります。これを見て10mm四方のものも作れないかという問い合わせも来ました。マニアックな仕様ですが、意外に幅広く使えそうです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:31Comments(2)ガラスヒーター(実例)

2011年08月17日

カーズ2

世間様は夏休みですが、ベンチャーは普段通りですwww。でも一日くらいはと、映画「カーズ2」を六本木ヒルズTOHOシネマズで見てきました。ここの無料チケット、妻が良く当てるのです。


  ☆思わず買ったミニモデルをパチリ。これなら掲載しても著作権OKでしょうwww

車がまるで人のように描かれているCGアニメですが、もうシンプルにね、面白い!ストーリがどうの描写がどうの、小難しいことは一切抜きにして子供みたいに楽しめる映画です。普段考えることが多い頭に喜怒哀楽の感情をリセットさせてくれます。

もう一作、車に関連して気になる映画がトランスフォーマー3

  ☆主人(車)公ハンブルビー

こちらも車や乗り物が人間みたいに喋り動くのですが、メカフェチの自分にとってはたまらない。あいにく一杯だったので空いた頃に行こうと思います。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:32Comments(0)徒然なるままに

2011年08月14日

銀が出る修正液

ガラスヒーターの両端には銀ペーストがコーティングしてあって、リード線を接触させて導電膜の蒸着面に電気を流します。

この銀ペースト、尖った工具が引っ掛かると剥がれることもあります。再コーティングすると手間もコストもかかるので、新たに作ったほうが安かったりします。

でもちょっと剥がれただけなら何とかならんのか!?と思っていたら良いのがありました。見た目は筆記用具タイプの修正液ですが、中からは銀を含んだペーストが出てきて、塗って硬化させると導通するのです。


  ☆赤丸の部分が剥がれても


  ☆塗るだけで元通り!!

これはイイ!見栄えも遜色ないし、さっそく活用していきます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 16:28Comments(0)面白ガジェット

2011年08月13日

美味しいお酒

この前行った日光で買ったお酒と湯葉、夕食に出してみました。



と~っても美味し!湯葉は良く染みた出汁とともに大豆の香りがふわり、これを肴に日光のお酒でキューっと一杯、これまた辛口スッキリで口の中に風味が広がります(って、どこのグルメレビューだwww)。

日光は水が綺麗で、良質百選にも選ばれたほどの水質。水がおいしいと、そこで育まれる飲みもの食べもの全部美味しくなるのでしょうね。

湯葉を食べてて思いつきました。湯葉を作る時の透明加温槽ってどうだろう?でも、湯葉の元の豆乳は白濁してるから透明の意味がないか。

そんなことを考えながらほろ酔い気分で良い気分~。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:58Comments(0)徒然なるままに

2011年08月11日

新手の詐欺?

展示会やら広告やら露出高めていたら、一時なりを潜めていた妙な電話が再び増えてきました。どのくらい妙かと言うと、平時のパシフィコ横浜を自衛隊車両が走行するくらいに妙。


☆87式指揮通信車
 
中でも多いのが、「御社は有望だから支援したい」。。。会員登録して会費を払ってくれと言う、わかりやすい類なので実害はないのですが(鬱陶しいけど)。

次いで多いのが、ベンチャーキャピタルと称する輩(実態は単なるローン会社)。もっと儲かってる会社に行けばいいのにwww

変わり種として、片言の日本語をしゃべる変なガイジン?!からの電話。最初は「お、ついに海外メーカーが目をつけてきたか」と思いきや、、、、

「アナ~タヲ、”ヘッドハンティング”シタイ会社アリマースねん」

???

ベンチャーの社長を社員に雇ったら、そのベンチャーは無くなるじゃんか。てか、M&Aならともかく会社の知的財産を給料で手に入れようなんて、何てお茶目なんだ

と一瞬マジメに考えてしまいました。そんな訳もあるはずなく、何かの詐欺ですね。どういう金の出させ方するのか興味はあったけど、巻き込まれたくないので、とにかく会いたいの申し出を「イヤです」(by ノーと言える日本人)と一蹴。

宣伝が広まるほどに致し方ないことと割り切って、どんどん宣伝するだけです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:59Comments(0)徒然なるままに

2011年08月10日

おやこマシ~ン

ガラスヒーターの熱を調節する温度制御装置は、ブラスト社でも製造販売しています。市販品の組み合わせで大した技術ではないのですが、ガラスヒーターとセットにすると安いので"ついでに”購入されるお客さまも結構いらっしゃいます。

インターフェックスに展示していた時、もっとちいさくならないか?という問い合わせを来場者の方から受けました。

今でも結構小さめなのですが、試しにちょっと作ってみました。写真左側の下が従来の大きさ、上がもっと小さくしたサイズ。


   ☆まるで親亀子亀 

中々小ぶりで良い感じです。内部に熱がこもってしまうのであまり大きなガラスヒーターは制御できませんが、5cm角までのガラスヒーターだとこれくらいが収まりよさそうです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 10:51Comments(0)ガラスヒーター(技術)

2011年08月08日

焼売に見るブランド戦略

日光から帰って来たその夜は、崎陽軒シュウマイ弁当を買って帰って晩御飯にしました。


  ☆美味しいシュウマイ、きっようけ~んっ♪

このシュウマイ弁当は味付け濃い目でビールのアテにもぴったり。20年前?!故郷広島から横浜へ出てきた当初、新幹線で帰省する際にはこれとビールを買って車内で食べてたのを思い出します。

2年前に崎陽軒社長の講演を聴く機会がありました。質問タイムになったとき、「故郷広島の名物もみじ饅頭は色々な菓子メーカーが販売しているのに、なぜシュウマイは御社が圧倒的に有名なのですか?」と聞いてみました。

すると「持ち帰り用に特化したからだと思います」とお答えされました。味や日持ちやパッケージなど、確かに独自のものがありますね。加えて、故郷へ帰省する際のお土産品として神奈川近辺以外では売らないのだとか。せっかく買って帰ったのにどこにでも売ってると有難味もなくなるでしょうから、と。

目標を絞り込んで販売も限定したのに、むしろそのことが老若男女に親しまれる知名度の高い商品になっているというわけです。ガラスヒーターの販売戦略も、もう一段ブラッシュアップを図るところに来ているので、思い出して参考にします。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:05Comments(0)ビジネス

2011年08月07日

結構な日光

早めの夏休み、日光へ行ってきました!

栃木牛の出荷停止がニュースで報じられましたが、旅行は決行。日帰りでサラッと行ったことはありますが、今回はじっくり見ることに。


  ☆お約束の東照宮

拝殿は残念ながら補修工事中で全景は覆われたまま。中に入ってお参りします。霊験あらたか、家康公の霊廟まで参拝に行きました。
最近は時代小説にハマっているせいか、江戸の歴史を彷彿させるものにえらく感銘を受けます。妻も何度も来ているはずが、大人になってくると違うらしい。

次に、大正~昭和と天皇御用別邸だった旧田母沢庭園へ行って、その後で本日のお宿へ。お楽しみだったメニューの栃木牛すき焼きは出荷停止になっていたので、代わりにイベリコ豚のしゃぶしゃぶに。でもこれはこれで美味しかった。

2日目はバスツアーでお手軽に奥日光を回ります。

  ☆お約束Part2 華厳の滝

華厳の滝は凄い水しぶきでマイナスイオンたっぷり。壮大さと気高さに圧倒されます。


  ☆立木観音から中禅寺湖を望む

このあと、名門の金谷ホテルで伝統の"百年カレー"を堪能しました。明治からの避暑地として双璧をなすのが箱根。どことなく佇まいが似ているようにも思います。

短い避暑でしたが、数々のパワースポット?!で十分に癒しと活力をもらって帰りました。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:06Comments(0)徒然なるままに

2011年08月04日

バイオジャパン2011

今年もやってきましたバイオジャパン。パシフィコ横浜にて10月5~7日と開催されます。


  ☆去年は緑基調、今年は赤です。

バイオジャパン2010と同じ、首都圏バイオネットワークの共同枠で出展することになってまして、全部で21社。昨日はその説明会へ行ってきました。

ブースの割り当てはくじ引きで、1番を当てた人から順番に好きな場所を選びます。展示は場所こそ命。
くじを引くときに"1番よ出ろ、1番よ出ろ!"と強く念じたら、、、11番が出ました( ̄□ ̄;)∑

今度から念じるのは1回だけにしよう。。。

それでもギリギリ何とか希望の場所を確保しました。後は、何か目立つ仕掛けを考えようっと。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:20Comments(0)展示会

2011年08月03日

透明な太陽電池

展示会や広告にガラスヒーターを出していると、時には思わぬ問い合わせが舞い込んだりします。

最近あったのが、ガラスヒーターで発電できないかというものです。太陽光発電セルは普通は黒いのですが、透明なら窓ガラスにはめて場所取らなくていいじゃないか、というものです。


  ☆以前も紹介した400×380mmのガラスヒーター

惜しいっ!

実は自分も同じこと考えたことあります。技術そのものは同じような材料使ってますからね。
でも太陽光発電は文字通り光を吸収して電気に変えるもの。ガラスヒーターは出来るだけ透過率を損なわないようにして透明性を維持するもの。性質は真逆なのです。

色々試験しましたが、ゼロじゃないものの殆ど発電しませんでした。ネットで調べてみると、やっぱり人が考えることは皆同じのようで、透明な太陽光発電セルは結構前から幾つか研究されています。発電効率はまだまだみたいですが。

そのうち画期的な?!アイデアが浮かぶかもしれませんので、この件は頭の片隅に常駐させておこうと思います。  

Posted by 株式会社ブラスト at 10:56Comments(0)ガラスヒーター(技術)

2011年08月02日

名物に美味いもの

今日は焼きそばで有名な富士宮へ仕事に行ってました。

昨日の夜に伊豆地方で地震があって、今朝のニュースで新幹線は徐行運転するというので早めに行ったら、早すぎて何と2時間前についてしまいました><

こんなときにやるこたぁ、一つ。富士宮焼きそばを食べるぞォー!というわけで早速お店に入りました。



ん?一見普通の焼きそばだが。。。しかしよく見ると面が違う。四角断面でちょっと透明感がある。
一口すすると、うん、歯ごたえ十分、モチモチしてて食感はうどんに近いかも。こりゃ美味い。

パクパク平らげて満足。さ、喰ったらお仕事お仕事。  

Posted by 株式会社ブラスト at 19:44Comments(0)徒然なるままに