プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年08月31日

免疫染色ヒーター

バイオジャパン2011に向けて、色々と展示物を準備中です。マイクロリアクター改に加え、免疫染色用のヒーターユニットも作成しているところです。


このデバイスは細胞組織に色をつけるものです。患者さんから採取した組織をスライドガラスにセットし、専用試薬と温度をかけて組織に色をつけ、病理学的な診断を行います。
一般的には一度に何十系統も行う装置が販売されていますが、結構大きくて高額です。そこで1系統だけに限定して、でも「安くて・手軽に・現場で・精度よく」できるものは、新しいニーズが生まれると思うのです。

この手のデバイスはTip-on-Labsとか言われて超小型の卓上実験室ができるとか注目されていましたが、実際はそれほど普及していません。価格が超小型じゃないのがネックなのか。
売り上げ規模が重要な大手さんだと中々難しいかもしれませんが、超小型?!のベンチャーにこそ商機がありそうな分野です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 13:19Comments(0)ガラスヒーター(実例)