プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年08月24日

800℃の苦悩

うちのお客さんは大体が大手メーカーさんですが、節電のためラインを通常より長めに止めてしまうらしく、今週まで休みというところが多いです。中には今月いっぱい休みってところも。。。
電話やメールが激減していつもより落ち着いているので、色々な試みやってみます(先だっての透明フィルムヒーターもそう)。

昨日は、、、最大温度に挑戦!

弊社のガラスヒーターは500℃まで発熱するとうたっていますが、これは能力の限界値じゃなく品質保証の上限値です。これ以上に発熱させることも出来るけど、壊れても保証しませんってことで(^^;)

650℃まで上がることは確認できています。そこで、実際にはどこまで上がるのか実験してみました。5cm四方のガラスヒーターに電気を流し、電圧を上げていきます。赤外線放射温度計でガラスヒーターの表面温度を計測。


 ☆夏休みの自由研究だな、こりゃ

すると、最終的に800℃まで上がりました!∑(゚Д゚)
1回だけの短い加温ですが、特に壊れてもいません。何だか500℃ って数値が可愛らしく見えてきました。。。

9月からは各社さんの下期予算に伴って動きが活発化しそうで、営業アポが目白押しです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:41Comments(0)ガラスヒーター(技術)