プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年08月22日

透明フィルムヒーター

温灸ガラスヒーター以来その用途が広がっていますが、ガラスヒーターの最大の欠点は”割れる”ことです。ガラスゆえに仕方ないことです。

そのため基材にガラスじゃなくフィルムを使ったものはないか、という問い合わせがちらほら来ます。でも透明フィルムヒーターは意外にも数社から販売されているのです。主に保温用で温度は数十℃くらいまでなので目新しさはなく、今さら価格競争に乗り込む気もないしなぁ。

それでも”出来ない”と言うだけでは芸がないので、試しに作ってみました。


  ☆透明フィルムヒーターは曲げても使えます♪

実はこれ、液晶パネルに使われている透明導電膜フィルムの両端に銀ペーストを塗っただけのもの。透明導電膜フィルムは広く販売されていますので、サンプルで幾つか引いてみました。

加温能力は最大でも100℃くらい。ガラスヒーターよりずっと低いですが、フィルムの耐熱性が100℃ちょっと、そもそもフィルムを求められるテーマは余り高温を要しないので、これくらいで良いのです。

色々試験して、一つ気が付きました。確かに衝撃には強いのですが、傷が目立つ!

ガラスじゃ少々擦過しても傷一つ付かないのに、フィルムはシャシャッっていう筋が直ぐに入ってしまう。これはちょっと厄介です。

ただ、長所短所を理解して使い分けすればいいので、バリエーションが増えることは良いことです。大事なことは、これをどう活かしていくか。多様な温度制御は勿論、高効率な伝熱レイアウト、断熱筺体などなど。
弊社は単なるヒーター屋ではなく「総合的な熱ソリューション」に主眼を置いているので、透明フィルムヒーターも商品ラインナップに加えようと思います。  

Posted by 株式会社ブラスト at 15:46Comments(0)ガラスヒーター(技術)