プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年08月19日

温灸ガラスヒーター

小さいガラスヒーターのことを2度にわたって紹介していました。実はこれ、電気式温灸の熱源に採用されたのです。


 ☆今までにない、見える温灸!

透明でツボが見えるという見た目のインパクトもさることながら、ガラスの高い輻射率(カーボンと同等)で低温でも十分に熱刺激が伝わって、心地よさも倍増なのです。


 ☆本体には4つの温灸端子を接続できます。

クライアントの方で薬事法の認可を取って、先月から病院・治療院向けの医療機器として正式販売されています。鍼灸用以外にリハビリなど新分野へも開拓していくということで、弊社でも展示会等で積極的に宣伝していくこととしました。

この小さいガラスヒーターは15mm四方の大きさで、DC5V(乾電池3本で4.5V)を使えば100℃近くまで発熱します。化学・バイオの分析にも用途があります。これを見て10mm四方のものも作れないかという問い合わせも来ました。マニアックな仕様ですが、意外に幅広く使えそうです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:31Comments(2)ガラスヒーター(実例)