プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年08月08日

焼売に見るブランド戦略

日光から帰って来たその夜は、崎陽軒シュウマイ弁当を買って帰って晩御飯にしました。


  ☆美味しいシュウマイ、きっようけ~んっ♪

このシュウマイ弁当は味付け濃い目でビールのアテにもぴったり。20年前?!故郷広島から横浜へ出てきた当初、新幹線で帰省する際にはこれとビールを買って車内で食べてたのを思い出します。

2年前に崎陽軒社長の講演を聴く機会がありました。質問タイムになったとき、「故郷広島の名物もみじ饅頭は色々な菓子メーカーが販売しているのに、なぜシュウマイは御社が圧倒的に有名なのですか?」と聞いてみました。

すると「持ち帰り用に特化したからだと思います」とお答えされました。味や日持ちやパッケージなど、確かに独自のものがありますね。加えて、故郷へ帰省する際のお土産品として神奈川近辺以外では売らないのだとか。せっかく買って帰ったのにどこにでも売ってると有難味もなくなるでしょうから、と。

目標を絞り込んで販売も限定したのに、むしろそのことが老若男女に親しまれる知名度の高い商品になっているというわけです。ガラスヒーターの販売戦略も、もう一段ブラッシュアップを図るところに来ているので、思い出して参考にします。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:05Comments(0)ビジネス