プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年05月25日

省エネの視点

ガラスヒーターは観察しながら温度管理できるということで、化学、バイオ分野のラボ機器として売り込んでいました。


  ※二股ユニット。

しかし最近、ちょっと違った問い合わせが寄せられるようになりました

ガラスヒーターは透明なまま加温できるのが最大の特長ですが、とても発熱効率が高いことも利点に挙げられます。その消費電力は金属ヒーターに比べて1/4~1/3くらい。
そういった視点で問い合わせるお客さんは、透明でなくてもかまわないと。スリガラス状であればコストも安くなります。

世の中総節電。そのためにワザワザ設備導入しないにしても、丁度入れ替え時期であればもっと電気代安くて済むものを探されるとも考えられます。今までのプロモを見直して、PR方法を棲み分けてみることにします。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:25Comments(0)ガラスヒーター(技術)