プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年03月30日

予定変更のお知らせ

※お知らせ

4月20~21日に開催予定のMEDTEC2011(医療機器製造技術展)は延期になりました。ガラスヒーターとそのアプリケーションを展示する予定でしたが、出展を取りやめました。


 ※展示予定だったガラス3兄弟

6月のインターフェックスについては現在のところ開催の方向で、弊社も予定通り出展するつもりでいます。
ただ、不測の事態が予想される場合には変更となることもあります。

  

Posted by 株式会社ブラスト at 13:48Comments(0)ビジネス

2011年03月18日

成田空港

千葉・茨城方面とは宅急便がSTOPしてるので、必要な荷物を受け取りに成田空港まで行ってきました。

万一に備えてアルミブランケットと防寒具を装備。もう随分前にやっていたワンダーフォーゲルでの薄れかけた知識を掘り起こします

上野から京成線で行くことにしました。考えてみると、羽田の国際線が本格化してからずっとそっちを利用しています。成田空港は久しぶりなので、新型スカイライナーに乗るのは初めてです。


  ※鉄オタではありませんが、メカフェチなので、写真撮りまくり

乗り心地は悪くありません。それに早い!乗ってワサワサしていて、気がつくと到着まで20分を切っていました。
成田空港に着くと、まだ毛布が敷かれて寝ている人たちがいました。便が飛ばないのでしょうか。報道はされていないけど10日に雲南省でも大きな地震があったそうで、NZから続く災害に胸が痛みます。

で、待ち合わせて荷物をピックアップし、帰ろうとするとスカイライナー運休。。。全部止まったわけではないので、どうにかこうにか帰りつきました。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:49Comments(2)徒然なるままに

2011年03月16日

取引先の教示

東北には取引先が結構多い。住所リストを見ると、津波があったはずの地域もある。「大丈夫ですか?」などと無頓着に連絡できるわけもなく、ただ無事を祈る。

昨日、とある取引先から電話が入った。被害は少なくなかったらしく、復旧に全力を挙げているとのこと。
担当者が疲れきった声を絞り出すように

「迷惑かけないように頑張りますから」

迷惑かけていいから!いや、迷惑じゃないから!色々声を掛けてあげたいけど言葉が出ない。
「頑張ってください」と月並みなことを言うのがやっとだった。真に頑張っている人には本当は言っちゃいけない言葉だけど、それでも言うしかなかった。

折り返し電話すると、”被災のため伝言板へ、、、”と応答メッセージが流れる。この人の家族は無事だったんだろうか。身の回りのことで精いっぱいのはずなのに。
思いをやると、胸がいっぱいになる。

計画停電の影響はある。流通も滞りがちで買い占めたくなる気持ちもわかる。でも被災地域が日常の流れを取り戻そうと必死になっているのに、首都圏がパニクっててどうする。
直接的には被災支援にならなくても、出来る範囲で自分の仕事を整斉と進めることが、巡り巡って結果的に役立つはず。

打合せ、イベント、納入立会いなど今週の予定はすべてキャンセルになってしまっていた。なんとなく伸ばしていた商品のパッケージ作り、今はこれに精を出そう。

  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:32Comments(0)

2011年03月13日

無闇な拡散は×

ご心配をおかけしています。こちら横浜方面の現在は”見た目は”落ち着いています。義援金など出来ることをしていこうと思いますが、いまは喪に服してただ祈るだけ。心から、お悔やみ申し上げるばかりです。

ところで、情報拡散をして下さいというメールが結構来ます。これ、絶対に止めましょう。見るとデマも混じっています。千葉の爆発したタンクはLPガスですよ?!

無闇に無秩序に情報が流れるのは混乱を来すだけじゃなく、回線を重くします。悪意のないチェーンメールと同じ。

BCCでのお見舞いメールもそうです。気持ちはわかりますが、不特定多数に宛てた情報が今すぐ必要ですか?
一刻も争う時は見守ることも大事です。

お金の寄付は今すぐ出来る何よりの支援です。以下、義援金サイトです。
http://matome.naver.jp/odai/2129989217646489401

他にできる努力を考える。
・少しでも都市機能の負荷を減らすこと。節電節水に努める。
・余震の恐れがある今、万一の時に少しでも救助の手間を減らせるよう、外出を控える。
・そして再び何か起っても当面は自己完結できるよう備える。そうすればイザという時に自分に向けられる分の支援を他の人へ回せる。

もどかしいけど、それしかない。  

Posted by 株式会社ブラスト at 10:34Comments(0)

2011年03月08日

ハマってしまった

前にブログで書いたコンビニスイーツ、また食べたくなりました。

一番食べたかった黒蜜きな粉が売り切れだったのですが、ちょうど残ってたみたいでチョコもありました。


 右がチョコで左がきな粉。2つの味を半分づつ食べ比べ。

チョコも美味しいけど、やっぱりきな粉がイイねぇ!遠い記憶にあるおはぎの味わいがよみがえってきました。

見たり聞いたりした事ってすぐ忘れてしまいがちですが、美味しいもの食べた時の味は意外に何十年たっても忘れないものです。

作家さんの一人で、英和辞書のページを食べて単語を覚えたって逸話があります。ページに味が付いていたら覚えやすい、なわけないか(苦笑)
  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:47Comments(0)徒然なるままに

2011年03月05日

展示会のC.P.

昨日、海老名の神奈川県産業技術センターで開催された、神奈川R&D展示会に出展しました。



公的機関の施設内で開催とあって、出展費用は激安の4,000円!(ってか、ほぼ無料)

お客さんはまばらで数も少なかったものの、その大方は近隣の大手メーカーの技術者。一人一人が中身の濃い質問をされ、手応え十分な展示会になりました。費用対効果は相当に高かったです。

だいたいの展示会は過去の来場者について人数、職種、事業分野などの分析レポートが公開されています。また主催はもとより後援団体とあわせてみると、出展効果が事前に予想出来ます。

昨日の神奈川R&D展示会と先月のテクニカルショウは、まさに予想どおり。次に出展を予定している4月のMEDTEC、6月のインターフェックスの傾向と対策に当てます。  
タグ :展示会

Posted by 株式会社ブラスト at 09:07Comments(2)展示会

2011年03月04日

和洋折衷

昨日はひな祭り。お寿司を作りました。


   ☆ちょっと贅沢にサーモンとイクラを乗せて。

サーモンで花びらのように象って、江戸前バラちらしならぬ薔薇ちらしと行きたかったのですが、サーモンが足りなくてただの海鮮ちらしになってしまいました。

それでも味は十分。シャルドネと合わせてみました。生モノにワインは生臭くならないかって?辛口の白でキリリと冷やせば、日本酒より良いかも。

ちなみにお皿は料理カテゴリーにもよく登場するイッタラのお皿。和食器で渋さを出すのもいいですが、イッタラは料理が映えて食卓を華やかに彩ります。

良いものは国境を越えてコラボするのです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 06:54Comments(0)料理

2011年03月03日

ダイヤモンド購入

出来上がったガラスヒーターの端に穴をあけたい時があります。

ガラスはとても硬くて脆い材質で、衝撃には弱いので加工は容易ではありません。おまけにガラスヒーターの基材は石英で、普通のガラスより硬い。

製品用のガラスはもちろん専門工場に発注するのですが、図面もないアイデア初期に在庫品をちょっと試すだけなら、自分で手っ取り早く済ませたい。しかし樹脂や鉄板用の日曜大工的な工具だと割れてしまいますので、このたびガラス加工用の工具を揃えました。

穴あけには超硬ドリル、ヤスリがけには工業用ダイヤモンド粒子を電着したヤスリを使用します。
→タイトルに偽りなしっ(釣りアリ)。


 ☆上がダイヤモンドヤスリ(何カラット?)、下が超硬ドリル(面棒くらいの大きさ)

いきなりガラスヒーターで試すのはもったいないので、蒸着していない基材で試します。角を面取りするヤスリがけは、まあ何とか出来ました。
穴あけは水をかけて冷やしながらゆっくり加工しなければなりませんが、加減が難しい。。。もうすぐ開くかぁ~、と思うまもなくパリンッていう音が。

ま、今日はこのくらいで許してやるか。。。   明日は神奈川R&D展示会です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:36Comments(0)ガラスヒーター(技術)

2011年03月02日

Facebook

「男もすなる日記といふものを 女もしてみむとて、するなり」
ご存じ土佐日記ですが、紀貫之はネカマの元祖?!

世間もすなるFacebookというものを、我もしてみむとて、とばかりに登録してみました。ミクシィを始めとした各種SNSは最初こそ夢中になったものの、だんだん億劫になってきて今では放置したまま。ツイッターにしても2、3つぶやいただけ、夢中にすらなれない。

しかし新しいものには喰いついてみるのが信条なので、ちょっといろいろ試してみることにしました。

やたら多いプロフィールは端折ってとりあえず最低限だけ登録。すると、友達候補みたいなのが出てきたのですが、hotmailアドレスで何年も前の知り合いがズラリ!と並びました。

おおーっ、懐かしいぢゃないか!なんだか一人同窓会のノリです。高校や大学での友達も探せるみたいなので、未登録の項目も埋めてしまいます。って、いかんいかん、時間取られすぎた。

Facebookは実名登録が原則なので日本では流行らない、と言われていますが、企業が重視し始めたニュースも良く聞きます。実名を前面に出す企業ならば、マーケティングツールとして確かに重宝しそうです。


  ☆ガラスヒーターのセールスもできるかな?!

そういや昔、「Face off」って映画がありました。主人公と敵役が顔面入れ替えられて戦うお話ですが、データだけで構成されたネット上では顔写真入れ替えが簡単です。

個人ユースではあくまで友達同士の連絡ツールであって無限に友達を増やすSNSとは性質が違うとも聞きますが、利用者の使い分け次第。

しばらく遊べるおもちゃになりそうです  
タグ :Facebook

Posted by 株式会社ブラスト at 08:32Comments(0)徒然なるままに

2011年03月01日

-仁-

いつもは本を読みますが、今回はコミックス。
「仁」の最終巻が出ていたので思わず買ってしまいました。


   ☆ドラマにもなりましたが、こちらは原作。

幕末の江戸にタイムスリップした現代の医師が、出会った患者を次々に治療していくというお話。坂本竜馬とも深く絡みます。
タイムスリップものはとかくお子様ランチ的になりがちですが、「仁」はストーリが緻密でどんどん引き込まれていきます。

医療機器を開発している立場としては、技術が何もない時代に知恵と工夫で器具を自作して役立てる様が、まるで医療機器の開発過程を見ているみたいで真剣に図面を考えてしまうこともありました。構造がリアルに絵で描かれているのでわかりやすい。こういうとき漫画は便利ですね。

ネタバレになるのであまり言えないのですが、モヤモヤ感が残りがちな伏線も解決されていて読後感スッキリでした。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:30Comments(0)読書