プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年02月27日

癌に挑みし

一昨年に開催されたハイパーサーミア研究会、今年も開催される運びとなり、昨日参加してきました。
開発費を稼ぐためにも今はガラスヒーターの事業に集中しているので、最近は何も発表できていません。案の定、”早く完成させて”と先生方から言われました^^;


  ☆開発(お休み)中の全身ハイパーサーミアシステム

話は変わりますが、このあいだ癌検診を受けました。胃癌と大腸癌は所見なし!
でも仮に見つかっても"俺マシーン"で治しますからwww

このシステムの開発にどっぷり取り組んでいた頃、2000年前後のベンチャーブームの功罪で、市場性だの収益構造だの余りにビジネスモデルにとらわれすぎていました。
しかし、これはそんなレベルの話ではないのだと、特にガラスヒーターをビジネスとして進めることで感じるようになりました。

全身ハイパーサーミアは末期癌であっても適用できる可能性をもった治療です。自分や家族、親しい人が余命宣告を受けても、ただ奇跡を祈るだけでなく頑張れる手段がある。それをより簡便に施術できる装置の開発。

自分の使命はとにかくシステムとして完成させること。それを社会が必要とすれば自然にビジネスとなって普及するでしょうし、必要でなければ普及しない、ただそれだけの話。たとえ普及しなくとも、身近では役立てられる。

もちろん開発費用が掛りますが、それを自前で稼げることも使命をこなせる資質の一つです。
健全に儲けてより良い商品・サービスを開発して再び社会に還元する。それが自律した社会であり、その循環を促す経済活動の担い手として、企業があるのだと思います。

どんな分野でも関わらず、ベンチャーは新しい循環を生み出すことに存在意義があると、自分はそう考えるのです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 14:03Comments(0)ハイパーサーミア

2011年02月25日

7の功罪

その昔、人間は7つの罪を犯すって映画がありました。ブラピ主演の「セブン」。

今日はOSの話。Windows 7に変えてしばらく使っていますが、いまのところ問題なし。快適にサクサク動いていますが、ハード自体も性能が上がってますからね。



しかし、大変困ったことが一つ。それは古いソフトが7に対応していないということ。全部バージョンアップしたらお金がかかるし、そもそも7対応版すら出ていないものもあります。XPモードで動かせるユーティリティもあるようですが、なんだか本末転倒のような気がします。

デスクワークで使うだけならXPのままでも良かったじゃん、と思います。しかし買い替えを機に入れ替えたウイルス対策ソフトの「ウイルスクリア」は秀逸です。

前に使っていた××××社のインターネットセキュリティソフトは、正常なシステムにまで入り込んでズタズタにしてしまいました。メーカーに問い合わせても”ハードとの相性が悪いだけです”とバッサリあっさり。
マイクロソフトエッセンシャルに変えると、さすがにOSと同じメーカーだけあって動作は良いのですが(無料だし)、知らないうちにデータを抜かれているんじゃないかという不安が付きまといます。

その点、ウイルスクリアは軽くてシステム動作を阻害しないし、ちゃんと脅威も検出してくれます。NTTへの月払いですが、年間でも6,000円ちょっと。

新しい環境に変えたばかりは戸惑いながらも徐々に慣れて、そのうちそれが標準になるのでしょうね。パソコンも流行も仕事も。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:23Comments(0)面白ガジェット

2011年02月24日

帰れまテン

酒飲みの甘いもの好きは早死にすると言いますが、それでも甘いものは好きです。

最近、テレビでコンビニスイーツを取り上げたバラエティ番組が目立ちます。あまりに頻繁に出てくるのでマーチャンダイジングの露骨さがうかがえて、いったい幾ら払ってるんだ?なんて勘ぐってしまいます。

しかし、それでもやっぱり美味しそうなのです。特にこのプレミアムロールケーキ。


妻も同じ思いだったらしくて早速買ってきました。スプーンで食べるとうたっているだけあって、ご丁寧にスプーンがちゃんと付いています(写真左端)。

一口食べると、ウ、うまい。。。ショートケーキみたい。コンビニスイーツ恐るべし。
他にも新作メニューがあったのですが、売り切れだったりちょっとしか残ってなかったりと、好評のご様子。

何だかんだ言ってもテレビの影響ってまだまだ相当に強いのですねぇ。だって自分もこうやって乗せられているわけですからwww  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:40Comments(2)徒然なるままに

2011年02月23日

アイデアの降り方

以前に、ガラスヒーターを使って細胞培養ステージを試作していました。



隙間が設けてあって、その中に培養液を循環させて細胞を育てます。バイオジャパンで展示したら使ってみたいという声がいくつかあったものの、実際にはセッティングがかなり面倒くさくって、出せるレベルではなかったのです。

何度か試作しましたがこれという仕上がりにはならず、しばらく放置していました。しかしこれからの展示会に”商品”として見せたいと思い、とりあえず久しぶりに動かしてみると、パッキンが硬くなってて水漏れ発生!あたりは水浸しになってしまいました。
・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

泣きながら後片付けして、とりあえず見直し案をスケッチし始めました。すると妙に手が動いて勝手に図面が書かれていくのです。あれだけ悩んでも解決しなかった構造が目の前に出現しました。
おおっ、これならいける!神、降臨!!さっそくCAD図に落とし込みます。

閃きやアイデアは何にもしないうちに偶然やってくるものではなく、同じ目標の下で行動や失敗が積み重ねられ、共通した軸が築かれた瞬間、映像となって目の前に現れるものだと思います。
でも、行き詰ったらしばらく寝かせて、思考を熟成させる時間も隠し味になるのかもしれません。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:56Comments(2)徒然なるままに

2011年02月22日

お祈りメール

ある学生さんから、就活仲間で「お祈りメール」と呼んでいるものがあると聞きました。最後の一文で「ご活躍をお祈りいたします」と締めくくられている不採用通知のことを指すのだそうです。
会社が使うありがちなお断り文ですが、メールを受け取った側は「断られた」ではなく「祈られた!」と言うらしく。ショックを受けても、言い方一つでサっと流して次行こう次!って気分になれそうです。

ガラスヒーターを営業し始めたころを思い出しました。断られた案件が続くと結構落ち込んだりしたものです。

  ☆ガラスのハートなもので♪

逆に、顧客側からどんどん要求が嵩んでお断りせざるをえないこともあります。その際はお祈りメールこそしませんが、できませんと否定形で終わるのではなく、「○○のコストをかければ出来ます」と括ります。
意外にもコストOKとなってお買い上げ、なんてケースもありました。

昨日の番組で、つまらなかった映画の監督から感想を聞かれてどう答えるか、という問いかけがありました。プレゼンターの模範解答?は「こんな映画見た事ない!」でした。受け取りようによっては絶賛にも聞こえます。

言葉ってそれ自体に力が宿る、言霊(ことだま)ってあると感じるのですね。世の中では否定を示さなきゃいけないことは多々あれど、ネガティブな言い方をしないことでまた別の運気を呼び寄せると思うのです。

でも「検討します」は海外で嫌われるみたい。常套文句ですが、確かにこれを言われて前に進んだ例はありませんから、否定形と同じに認知されているのでしょう。

今までに言われた最強の断り文句。。。それは「お元気で」
いっやあ、それを言われた時は、女性に告白して振られたときみたいな、絶妙微妙な感覚がこみ上げてきちゃいましたwww。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:22Comments(0)徒然なるままに

2011年02月21日

アイキャッチ

神奈川R&D展示会のブース配置が決まりました。

このたびは抽選ではなく、事務局からの割り当てです。少しでもいい場所を、の願いもむなしく、3階の階段上がった端に3ブースだけ寄せられてポツン。。。∑(゚Д゚)

産業技術センター内での展示で場所が狭く、大会議室は加工関係企業が占めているので仕方ありません。ま、考えようによっちゃ皆必ず通る場所なので目立つし、たまたま来られた方でも立ち寄りやすいでしょう。

テクニカルショウでは最終日に電飾看板を置きました。ちょっと光りすぎて安っぽいかなと懸念してましたが、効果は絶大。通る人が大抵チラ見され、傍に置いたチラシが飛ぶようにはけていきました。


 ☆青色LEDを組み込んだ自作です。

神奈川R&D展示会でもこの電飾看板を置くことにします。まずはガラスヒーターがあるってことに気づいてもらわなきゃ、始まりませんから。

ところで、テクニカルショウは来場者の大半が売り込みで、営業のメールや電話でいっぱい(苦笑)。
こちらは費用と労力をかけているのに、それに乗じてちゃっかり売り込もうとする輩はアンフェアです。
でも気持ちはわかる。だって起業当初は自分もやってたから(爆)。足元見られて価格叩かれまくりなのがオチでしたけどね。

まあ、テクニカルショウは対象が曖昧で範囲も広すぎなので予想はしていました。MEDTECインターフェックスに向けた前哨戦と割り切っていたから良いです。プロモの方法も修得できたし。
ガラスヒーターは使用対象が限定されたアイテムなので、今後は展示会もテーマ絞って出していきます。  
タグ :展示会

Posted by 株式会社ブラスト at 07:44Comments(0)展示会

2011年02月20日

モーションブルー

赤レンガ倉庫にあるモーションブルーヨコハマへ行ってきました。
食事をしながらジャズライブを楽しめます。


席はちょうどピアノの前で、アンプラグドの旋律がダイレクトに飛び込んできます。女性Voの"noon"さんが綺麗な歌声で場を満たしていき、ワインと合間って良い按配にほろ酔い。十分に癒されました。

ところで、ライブ終わって赤レンガ内をブラブラしてると見覚えのある靴下が。
リトルミスマッチさんでした。リスクを超えて頑張っておられるのですね。
こっちも元気をいただきました^o^  

Posted by 株式会社ブラスト at 10:05Comments(2)徒然なるままに

2011年02月19日

鯖味噌

最近、NHKの「ブラタモリ」がお気に入りです。古い街並みを偲びながら今を歩くところにロマンを感じてしまいます。

横浜界隈を歩く回で、「男は肉ジャガってそれほど好きじゃないんだよね」というタモリさんの一言に思わず膝を打ってしまいました。女性が男を落とす際のキラーメニューと言われてますが、嫌いじゃないけどそこまでは、、、てな思いをズバリ言い当てられてました。

じゃあ、何がキラーメニューか?!タモリさんの答えは「味噌汁」。って言うか味噌味全般。それは納得です。

鯖味噌はたまに作ります。



味噌味って、いい加減に作っても、それらしい味になるから不思議です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 12:45Comments(2)料理

2011年02月18日

3分割ヒーター

以前に「小さきこと」で紹介したガラスヒーターをホルダに組み込みました。



加温面(導電膜を蒸着した面)が3つに分かれていまして、加温しないところは冷水を流して冷やす予定です。つまり一枚の中で熱いエリアと冷たいエリアができるわけです。

冷水を作るにはペルチェユニットを使って水を冷やすのですが、実際に動かしてみると排熱用ファンがメチャクチャ五月蠅い!ヴォーンって音じゃなく、キーンなのです。
まるでジェット機のようで、もはや騒音。吸音材でどうにかなるレベルじゃあなさそうです。

大きさは4分の1にできたけど音が4倍?!にまでなるとは想定外でした。全体バランスを再考です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:48Comments(0)ガラスヒーター(技術)

2011年02月17日

明太子ふりかけ

福岡へ出張した際、こんなものをお土産に買ってきました。


  ☆明太子のふりかけ~♪

明太子を乾燥させてふりかけにしただけですが、これがなかなかどうして香ばしくて美味しいのです。御飯のお供にピッタリ。

明太子は美味しいけど、お土産に買うと結構な量があって、最後は余らせてしまいがちです。でもふりかけなら長く持ちますし、風味だけでもお手軽に楽しめるのです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:27Comments(0)徒然なるままに

2011年02月16日

20cm角ユニット

すでに10cm角のガラスヒーターユニットを標準化していますが、もっと大きなものはないのかと言う問い合わせがチラホラ入ってきます。そこで20cm角のガラスヒーターをユニット化しました。


  ☆結構大きく感じます。

問い合わせの用途としては、極寒での液晶ディスプレイ凍結防止用が多いです。マイナス30℃じゃ、普通の耐熱ガラスや保温用ガラスヒーターじゃ持たないですから。
でもこうして見ると、肉をのっけて焼きたくなってしまいますね(^^;)

さらに5cm角のサイズも揃えました。これで大(20cm角)、中(10cm角)、小(5cm角)と揃い踏み。


  ☆ガラス3兄弟♪

面積的に4倍づつ大きくなっていくのでバリエーションとしてはこれで良いかと思います。後は数量次第で特注です。

販促物とサイトを新しく作り直さなきゃ。3月は神奈川R&D展示会、4月はMEDTEC2011への出展です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:32Comments(0)ガラスヒーター(技術)

2011年02月15日

ミニリアクター

またまたマニアックなもの作ってしまいました。
ガラスヒーターの「手の平シリーズ」、ミニミニリアクターです。



小指と同じくらいの大きさのパイプ型ガラスヒーターをユニット化しました。
上下の黄色いフランジは約500℃耐熱のポリイミド樹脂(ビックリするほど高価な材料)。外側のカバーガラスは石英を四角断面に削り出した直方体。超強磁場で使う代物です。

ワンオフなので手間隙かかりまくりの"作品"!。でも思ったより簡便に出来ました。モノそのものは特異だけど部品技術は過去の製作から選りすぐった加工ものです。作例がずいぶん揃いましたから、引き出しの中もイロイロいっぱい詰まっているのです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 17:17Comments(0)ガラスヒーター(実例)

2011年02月14日

ルビコン河

初めての量産、初ロットは思いも付かないトラブルがあるだろうなと予想していたら、やっぱり出ました。



不幸中の幸いといいますか、最初のバッチで判明したので直ちに対策を講じて是非を協議、次のバッチに備えます。
想定していたどおり想定外のコストがかかる(^^;)けど、もっと然るべきコストをかけて対応するつもりです。もちろんこちらの責任ですからクライアントに上積みすることなく、自社予算。赤字どころかお金出して仕事しているようなもの。

でも、この出来が今後の量産体制を左右する、いや量産能力の有無を決定付けるとまで思ってます。ちゃんと出来なきゃ他にも引き合いが来ている量産案件は全て中止、ガラスヒーターは事業としてはお終いですから。

背肉が引きちぎられるような眠れない夜が続きますが、偉大なる先人たちも、もっともっと大きなスケールで幾度と無くこういう境目を彷徨ってきたのだろうなぁ、と考えると、決して今の状況はイヤではないのです。

もしかして起業する人間ってのは究極のMかっ!?  

Posted by 株式会社ブラスト at 16:12Comments(0)ビジネス

2011年02月13日

iPad活用

人生初のインフルエンザ、1週間は体内にウイルスが残っているそうで、治ってきたと思っても少し動くとまた熱が。。。それでもどうにか収束してきました。しかしほとんど食事していなかったのでフラフラです。

寝込んでいたとき、使わなくなったiPadが意外にも活躍してしまいました。



WiMAXも解約して唯の電子カラクリ板になってしまったのに、今頃なぜ?
その答えは、インフルエンザにかかる少し前に遅ればせながら導入した我が家の無線LAN。

枕元においてイザと言うときワンタッチで起動!ネットの調べものはそれで事足りるし、慣れるとちょっと長い文章も打てるし。まさに端末(そんなことしているから長引いたとか?!)。

妻も病人向けのご飯をリビングで検索したり、結構使いこなしてました。こういうのって、あまり肩肘張らずに気楽に使うのが良いんでしょうね。  
タグ :iPad

Posted by 株式会社ブラスト at 10:26Comments(2)面白ガジェット

2011年02月09日

もらいモノ2

貰えるものは良いものとは限らないわけで、テクニカルショウでトンでもないモノ貰ってしまいました。

展示会3日目当たりから体調がどうも優れない。。。そのうちに熱が出てきてしまい、しんどいので病院に行くと、なんとインフルエンザA型と診断されてしまいました!ちなみに、人生で初インフルです。

受付で怪しいとされたのか、待合室も診察も隔離され、特別扱いでVIPみたい。 
骨折して松葉杖で学校に来たらヒーローになった小学生のような気分♪

薬もはじめて使う吸入タイプ

  ※スーハーする加減が中々に難しい。

困ったのが、今日はとある会合でガラスヒーターのプレゼンをすることになっていたのです。でも医師からは人との接触禁止を言い渡され、急なことで代わりもおらず、やむなく不参加に。
事務局に説明し、削りに削って簡素にまとめた資料を配布してもらうことになりました。

薬が効いているせいか、だいぶ体調は戻りました。でもまだ体の根っこに熱の芯みたいなものがある感じです。

いや、ブログ書いてる場合ぢゃないだろwww  

Posted by 株式会社ブラスト at 13:22Comments(0)徒然なるままに

2011年02月05日

テクニカルショウ

ガラスヒーターを展示した怒涛の勢いのテクニカルショウ、3日間無事に終わりました。弊社ブースにお越しくださいましたお客様かたがた、誠にありがとうございました。

今回、昨年の展示で得た教訓をいろいろ試みました。
お客様が何に興味を持たれてどうひきつけられるか、どんなサンプルをどう配置したら説明しやすいか(理解してもらいやすいか)。会期中でも3パターンほど変えてみると、漠然とした感覚がチラシの減り方にも現れました。



いただいた名刺の数も過去最高です。と言っても半分以上は売り込みですが(苦笑)、それは織り込み済み。中には具体的なテーマもありました。展示会は費用もかかりますが、お客様のほうから足を運んでもらえる非常に有効な販促手段と言えます。

終わった途端、出展企業はバタバタと片付けに入るのですが、あっという間に綺麗に片付く各社ブースを見て、なんだか文化祭が終わったときのような一抹の寂しさがよぎりますね。

体はクタクタ、声はガラガラ。でも泳いだ後のような心地よい疲労感と充実感です。ひとまず週末は整理と休息。また来週から忙しく回り始めます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 16:01Comments(3)展示会