プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年02月18日

3分割ヒーター

以前に「小さきこと」で紹介したガラスヒーターをホルダに組み込みました。



加温面(導電膜を蒸着した面)が3つに分かれていまして、加温しないところは冷水を流して冷やす予定です。つまり一枚の中で熱いエリアと冷たいエリアができるわけです。

冷水を作るにはペルチェユニットを使って水を冷やすのですが、実際に動かしてみると排熱用ファンがメチャクチャ五月蠅い!ヴォーンって音じゃなく、キーンなのです。
まるでジェット機のようで、もはや騒音。吸音材でどうにかなるレベルじゃあなさそうです。

大きさは4分の1にできたけど音が4倍?!にまでなるとは想定外でした。全体バランスを再考です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:48Comments(0)ガラスヒーター(技術)