プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2011年01月14日

初めての量産

ガラスヒーター事業を始めて以来、初の量産アイテムが進行中です。何十枚とまとめて製作したことはありますが、何千枚もの量はこれまでになく、かつて無い緊張と意欲にて取り組んでいます。
既に初ロットのオーダーをいただき、ただいま鋭意生産中。



試作とはまったく違った趣があって、何しろ品質が悪いのはもとより良すぎてもダメで、いかにバラつきをなくすかが肝要です。データシートをそろえ、評価基準を一新し、計測方法も統一し。。。
不具合が起こったら試作だと修理と言う手もありますが、量産だと最悪リコールです。これでもか!と言うほど満足いく出来栄えのものを出荷しなければなりません。

正直、生産初度費が結構かかるので、量産案件というものは何度かロットを繰り返さないと利益は出ないものです。でも、100の試作より1つの量産がどれほど会社の基盤をUPさせるか、強く実感しています。個人商店に毛の生えたような動きから、企業としての組織的な動きへと昇華しつつあるところです。

もっとも、試作でかくのは油汗ですが、量産でかくのは冷や汗です。実際に作業するのは自分じゃないわけで、上がってきたプレテストのデータシートを見るとき急激に高まる緊張感と心拍数。。。しばらくは寝付けない日が続きそうです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:16Comments(6)ガラスヒーター(実例)