プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年12月23日

危険な「のぼうの城」

「のぼうの城」(上・下)を一気に読みました。この本、大変キケンです!



時は戦国、世は太閤。秀吉が天下統一の仕上げで北条氏討伐に動くとき。秀吉の命を受けた23,000騎を率いる石田三成がわずか500騎の忍(おし)城に進軍する中、当初は降伏に恭順していた忍城が、不屈の精神で戦いを決意します。

玉砕覚悟の破れかぶれでなく、勝つ前提で挑む勇猛かつ智略に富んだ戦いぶりはもう、爽快と言うか血沸き肉踊ると言うか。

これ、ホントの史実を元にした小説なんですよね。のぼう様の不思議な総大将ぶりも、現代ベンチャーのリーダーシップマインドに通ずるものがありそう。

ビジネスで悶々としていたときに読むと、えぇーい!ワシもやらいでかっっ!!と言う気になります。
”いやそこは我慢しとけよ”なんて場合でもその気になってしまうので、大変キケンです(笑)。  
タグ :のぼうの城

Posted by 株式会社ブラスト at 07:47Comments(2)読書