プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年12月08日

小さきこと

ガラスヒーターの小さなサイズは、以前に15mm角のものを御紹介しました。

今回、ガラス基材に顕微鏡のスライドガラス(プレパラート)を用いて、導電膜を3つのエリアに分けて蒸着することができました。


  ※奥に見えるはマイクロSDカードです。

電池で100℃まで上昇します。3つのエリアをそれぞれ違う温度で管理することもOK。
ただいまオリジナル商品を鋭意開発中。どう使うのかって?それは、、、まだヒミツ!

あ、”本人も良く分かってないんでしょう”的な突込みは無しでお願いします(;^_^A  

Posted by 株式会社ブラスト at 12:35Comments(2)ガラスヒーター(技術)