プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年10月16日

カーボンヒーター

死ぬほど忙しいって、中国語では”忙死了”と言います。そのまんまやんけっ!と関西人でなくとも突っ込んでしまいます。

PRが少しづつ効き始めたのか、このところ新規の注文が多くてテンテコ舞いです。それもガラスヒーターでなくカーボンヒーターや温調器と言ったオーソドックスな製品。


  ※下敷きみたいな感じのカーボンヒーター。これを色々なケースに取り付けます。

カーボンヒーターは安くて曲げられる利点があるので、透明性が不要で100℃くらいの低い温度条件(例えば溶剤の乾燥とか)に用いるのであれば、ガラスヒーターより向いている場合もあります。
元々はハイパーサーミア開発で用いていた技術で、今は工場や研究施設などの設備として販売しています。

正直言って利幅は小さくて思ったほど儲かりませんが、”作って売る”という極めて普通の形態は、働いた分だけ成果に直結するので手堅いのです。これぞ「ザ・商い」。

ところで、ハイパーサーミアは辞めたのかって?いいぇ~。諦めてません。でも治験にかかる費用の一部を自前で稼ぐつもりで、それまでちょいとお預けです。えぇ、ホンの1億円ほどです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:24Comments(0)ハイパーサーミア