プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年09月15日

押してダメなら引いてみな

今朝は肌寒くて目が覚めてしまいました。暑がりの私にとって、ようやく過ごしやすい季節になったようですが、なぜか一抹の寂しさも感じます。

ただいまガラスヒーターのアプリケーション開発にオリジナルで取り組んでいます。提案をするにしても、ある程度は形に仕上げていかないとアイデアだけでは人は動かないものです。

月末はバイオジャパン2010に出展することもあって、理化学分野にてマイクロリアクターのユニット化を進めています。極微小の化学薬品を加熱しながら混合させるものですが、価格と機能がマッチしたポンプのレイアウトに苦労してます。

普通、薬品を押して送り出すタイプのポンプが多く使われるのですが、引いて吸い込むようにセットしてみました。


すると、途中までは確かにスルスル流れていきます。最後の行程で引き切れないのですが、ポンプのパワーや口径差の工夫で何とかなりそうです。複数の薬品を吸い込むときは弁をつけて調節すればいいので、構成をシンプルにできそうです。

なんとなく良さげな按配なので、この方向を煮詰めていくことにしました。目指すは手の平サイズのプラント設備です。
  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:30Comments(0)ガラスヒーター(実例)