プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年08月19日

永遠の0(ゼロ)

お盆休みの直前、ずいぶん前から図書館に予約していた本が何冊も貸し出し可能になったので、先週の開店休業時は読書にいそしんでいました。

その中で響いたのがこれ、「永遠の0(ゼロ)」



祖父がゼロ戦の特攻で亡くなっていたと知った姉弟が当時の知人を訪ね歩き、回顧録風に進む小説です。生きて帰りたいと公言し、臆病者とさげすまされていた祖父。でも最後には衝撃の真実が!

戦記物というより人間ドラマが中心に描かれていて、フィクションと分かっていても最後は涙腺ユルユルにやられてしまいました。仕事でこびりついた残渣が洗い流されたようです。

ものづくりに対して考えさせられる点も多く、昔の人たちに思いを馳せ、今これからの自分の生き様を考えるのでした。

本屋を通りかかったら、文庫本になって店頭に平積みされていました。おススメの一冊です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:16Comments(2)読書