プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年06月29日

失敗の法則

これをやったら確実に成功する、、、なんてものはありません。成功例を分析しても、その時その人がやってこそであって、当人だって時が変われば同じ方法では成功しないことも。。。

しかし、これをやったら確実に失敗する、というのはあります。それは何かを”アテにしたとき”。自分が失敗した事例を省みると、ほぼ100%それ。

覚悟も責任も持たないまま依存したその瞬間から、失敗への序曲は奏でられ始める。


  ※機械も入念なチェックを怠ると壊れます。

頼りにしてもアテにしない。普段は十分わかっちゃいるのですけど、でも時として判断が絶妙に欠落してしまうのですね。まさに逢魔が時。

ところで、その逢魔が時ってどんな時?  それは、、欲出した時!(爆)


  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:07Comments(0)ビジネス

2010年06月28日

焦げ焦げ~

テレビ朝日系の「二人の食卓」という番組が好きで、良く見ます。

男性タレントが所縁のある女性タレントのために料理するものですが、凝って見えるけど実は簡単というレシピが多いので参考にさせてもらってます。

先週、豚バラで具材を三層に挟み込む”ミルフィーユ豚カツ”をやっていたので、早速真似てみました。具材はスライスチーズと梅ジャム&大葉の2種類です。


  ※ミルフィーユ豚カツ、略してミル豚

しかし、ちょいと焦げてしまいました。どうも自分は火加減が強すぎるようです。弱火でじっくり焼き上がるのを待てない、短気な性分が災いしてしまうのか。

でも味は中々に良かったです。こげた所を削ぎ落として美味しくいただきました。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:05Comments(0)料理

2010年06月26日

展示会

昨日、機械要素技術展へ行って来ました。


 ※この上はレストランと会議場だとやっとわかりました。

この展示会は設計・ソリューションや加工技術の分野も併設され、全体ではビックサイト東ホール全部を借り切る巨大なもので、まるでディズニーランドか中華街かというほど物凄い大勢の入場者で賑っていました。

「医療機器 開発・製造EXPO」も併設されており、そっちにも行ってみました。確かに来場者は多いけど、機械要素技術展と同じ雰囲気で、あまり医療分野を強調した感じではありませんでした。
4月にパシフィコ横浜で出展したMEDTEC展示会は全体規模こそ劣るものの、医療カラーを強く出しているものでした。

来年単独出展するならMEDTECのほうが狙い絞れて良いかなぁ。でも裾野を広げるのは医療EXPOのほうが良さそう。うーん、来年はどっちも出展できるようになろうっと。

9月にBio Japan2010に出展することが決まりました。MEDTECに出展して商業展示のコツは掴んだので、今度はバッチリ。
iPadもブースでのプレゼンに役立ちそうです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:40Comments(0)展示会

2010年06月24日

沈む犬に沈む船

このところ、仕入先のちょっとした不手際につい目がついて、キツく言ってしまう自分に気がつきます。

大きな動きになると、ちょっとした狂いが全体に悪影響を及ぼすため、鵜の目鷹の目になりがちです。特に、仕上がりの良し悪しよりもプロセスを重視。
プロセスがきちんとしていれば問題が生じてもリカバーしやすいけど、そうじゃなかったら問題があったときに取り返しのつかないことにもなりかねない。連絡の早さとか指示の徹底さが曖昧だったりすると、ついシビアに突っ込んでしまいます。

しかし言った後になって、どうもどんよ~りしてしまいます(言われたほうはもっとでしょけど)。昨夜も一件あり、朝になって自己嫌悪、、、。

「沈む犬に石を投げるな」という言い方があります。あれ、弱っているものには情けを掛けろとか追い討ち掛けるなという意味にとらえていましたが、最近は”強烈な負のイメージに沸いているものへ更に負を重ねると自分に跳ね返る”っていう警告だと思うようになりました。

「沈む船に近寄るな」と聞いたこともあります。船が沈むときは渦巻くから近寄ると巻き込まれるって意味らしいですが、こっちの解釈に近い。もっと似たような言葉に「人を呪わば穴二つ」。

調子こいてると自分が不幸な目にあいそうです。負のイメージの連鎖に捕まりそうな関係は避け、心理状態をセルフチェックしながら仕事したほうがよさそうです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:26Comments(0)ビジネス

2010年06月23日

WiFiルーター

  iPad 買ったはいいけど ネット繋げず(字余り)

iPadはWiFiモデルにしたので、無線LANがないとどうにもなりません。無線LAN親機になる携帯電話もあるけど、携帯電話はあくまで”電話”として独立させておきたいので、モバイルルーターを使うことに。

通信キャリアは高速性と低料金でWiMAXをチョイス。イーモバよりエリアが限られるけど、どうしてもというときはマックや駅空港の公衆アクセスポイントを使えばいいし。

ということで、新発売となったWiMAXのモバイル無線ルーター、昨日GETしました。


カバンのポケットに入れておけば、(WiMAXエリア内なら)どこでも繋がります。旧タイプは端末が飛び出していてカバンに入れておくと壊れそうだったのですが、今度のはコンパクトなので大丈夫そうです。

これでiPadを(エリア内なら)どこでも使えます。訪問先でサクサクと営業プレゼン。リモートアクセスにする予定なので、データも持ち歩かない。一気にIT環境を改善整備。

遅れていた移転登記の手続きも済んで、これから法務の関係も急いで整備。慌しいけど今日も一日頑張ろう。  
タグ :iPadWiMAX

Posted by 株式会社ブラスト at 08:02Comments(0)面白ガジェット

2010年06月22日

変わる機内サービス

広島行きで久しぶりに飛行機に乗りました。


  ※羽田と広島空港、どちらもキレイです。

行きのエコノミーの機内で、飲み物サービスが水かお茶だけになって、コーヒーやジュースは有料になったことに気づきました。コストダウンの余波がこんなところにも来たのかと思いながら、座席前に掛かっているメニューを見ると、スタバがある!これならお金払ってでも飲みたい。他にも美味しそうな飲み物がずらり。

タイムリーなことに、そのことが翌日の新聞記事に載っていました。コストダウンというより有料にすることで満足度を上げる試みらしく、乗客には好評だそうです。スタバがメニューにあったことで、なんとなく分かります。

サービスといえば無料と連想しがちですが、あえて有料にしてお好みの、質の高いサービスを提供する。そもそも1時間余りの短い国内路線で飲み物サービス自体が不要だと思っていますので(慌しいし)、いっそ全部有料のほうがスッキリするかも。いらない人には提供しないこともサービス。

帰りはアップグレードポイントが余っているのを思い出し、プレミアムクラスで帰りました。広々ゆったりした座席でアルコールも飲み放題(^^;)
こちらはタダでアップグレードしたのですが、それだけ多く飛行機利用している特典というわけです。

ところで、このたびはノートPCを持参せず、iPadだけにしました。ノートPCなら空港の通関でいちいちバッグから取り出さねばならず面倒くさかったものでしたが、iPadは何とスルーOK。。。こりゃ楽です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:41Comments(0)ビジネス

2010年06月21日

講演で得たもの

母校で講演した広島出張から帰ってきました。

20年前、当時勤めていた会社の転勤で、故郷の広島から横浜へ出てきました。横浜行きの片道切符を手にして。それから広島へは里帰りこそしていましたが、帰るのは横浜。

このたびは三泊四日の行程だったものの、何故だか初めて”広島へ帰る”気持ちになったものです。


  ※羽田空港にて出発前の飛行機を眺めながら

全国へ、海外へと活動の場が広まれば広まるほど、自分のルーツを意識するようになります(年喰ったせいか?!)。
卒業して22年間に自分はどれだけ成長したのか。他人は自分を移す鏡ですから、教えることは自分を確認することに他なりません。

母校での講演は、自分自信を見つめなおす非常に良い機会でした。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:46Comments(0)徒然なるままに

2010年06月19日

母校で講演

昨日、母校の広島工業大学でキャリア形成に関する講演を行いました。

職業への意識を持たせる大学のカリキュラムの一貫で、OBの実体験を聞いて仕事へのイメージを深めることが狙いです。当時とてもお世話になった先生や母校に少しでも恩返しできたらと、私の卒業してからの足跡や今の事業を話しました。



午前は1年生、午後は3年生に話します。今までベンチャーキャピタルや大手メーカーへのプレゼンを数多く行ってきましたが、学生さん相手は初めてです。

でも学生の皆さんは真摯に聴いてくださり、気持ちよく話す事ができました。すぐに何かの為になるわけではないでしょうが、将来何かの折にふと思い出してくれて、反面教師的にでも?チャンスに気付くきっかけとなってくれればと思います。

この大学の気質は基本的に真面目で熱心です。22年前の卒業当時と変わらず良き伝統を紡いでくれている姿を見て、逆に私の方が初心に戻る良い刺激を頂きました。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:44Comments(0)徒然なるままに

2010年06月16日

カリカリしないで

近県の在来線で行ける範囲なら、問い合わせがあったその翌日にでもお客様のところへ出向きます。

ところが便の少ないところだと、距離で考える以上に時間が掛かったりします。下手したら上海にまで行けちゃったよ~、なんてこともザラ。

そんなとき、とある訪問先の駅前の売店でソフトクリームが売られているのを発見しました。


  ※マンゴ入り!美味しそうで、そそられます。

ちょうどそのとき特急電車がホームに入ってきました。これに乗ったら早いので改札をくぐろうとしたけど、、けど、もう用事が終わって後は帰社するだけだし。
くるりと回れ右。売店に駆けつけて、「ソフトクリーム下さい!」と叫ぶ。40過ぎた大の男が。。。

甘くて冷たくてさっぱり。次の電車にはまだ時間があるから、気を休めます。
最近は富に忙しくなって、取引先のちょっとしたミスでもつい剣のある突っ込みしてしまうので、頭冷やして。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:45Comments(0)徒然なるままに

2010年06月12日

ムニエル

おっきな真だらが安かったので衝動買い。切り分けてムニエルにしました。


 ※表面はカリッと仕上がり。

でも、なんか足りない。。。そう、ソースがない。ゆで卵を潰してタルタルソース作ったのに、なぜか野菜サラダのほうへかけてしまいました。それはそれで美味しかったので良いのですが。

仕方ないので、ムニエルのほうはレモンかけて食べました。でもこれはこれであっさり味で上々。

まっ、行き当たりばったりでも何とかなるものです。  
タグ :ムニエル

Posted by 株式会社ブラスト at 06:59Comments(0)料理

2010年06月11日

夢二夢心地

昨日は朝から納品&検収立会い、午後はその近くで学会でした。でも、検収が思いのほかスムーズに終わり、学会まで3時間も空いてしまいました。

近くに竹久夢二美術館があったので、暇つぶしがてら行って来ました。


  ※都会の一角とは思えない異空間がそこに。。。

谷根千と呼ばれる一帯で紡がれた大正ロマンあふれる作品が、館内に悠然と並びます。一つ一つをじっくり見ていると、たおやかで艶やかな時間が、体の中にゆっくり染み渡るようです。

思いがけない心と目の保養となりました。  
タグ :竹久夢二

Posted by 株式会社ブラスト at 07:02Comments(0)徒然なるままに

2010年06月10日

収穫のとき

我が家のバルコニー菜園、ピーマンが1個だけ大きくなってきました。

もう少しじっくり育てたかったのですが、待ちきれない妻に急かされて早々に収穫。ピーマン料理?!を考えてみました。流石に1個じゃ足りないので、スーパーで買い足したピーマンと残っていたナスを使って、肉詰めにしてみました。

ピーマンとナスをくりぬき、野菜と挽肉で作ったタネを詰め、フライパンで焦げ目がつくまで焼きます。出来上がったらチーズを乗せて完成。タネの代わりにリゾット詰めても美味しいです。


  ※焦げたのは ご愛嬌。。。(^▽^;)ゞ

さっそく味を食べ比べてみました。家庭菜園で採れたピーマンは形こそ悪いものの、香り高くて旨みたっぷり、美味!味がしっかり自己主張してて、いわゆる子供が嫌いなピーマンの味。

スーパーで買ったピーマンも食べてみましたが、明らかに味が薄い。野菜独特のエグ味がないのです。

人も野菜も、多少アクのあるほうが旨い?!  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:30Comments(2)料理

2010年06月08日

温故知新

一所懸命に取り組んだけど、モノにならなかったアイテムは数多くあります。変り種も底知れず。中には面白いと思うけど、タイミングというか時流に会わずにお蔵入りになったものもあります。


 ※ガラスヒーターを使った実験用マウス加温装置のモデル(白い紙が擬似マウス)。

そこで、過去の案件をサルベージしています。今ならイケるんじゃないかと思うのもチラホラ。新しい発見は意外と昔に出会っていた中から出てくるものです。

ただし、昔のままじゃなく、今風に磨き直すのがコツ。当時より幾分か深まった知識や経験を元に生まれ変わらせると、手持ちのネタはぐんと増えそうです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:11Comments(0)ガラスヒーター(実例)

2010年06月07日

IKEA

IKEAへ買い物に行って来ました。我が家のリビングにはIKEAとFrancfrancで買ったものが勢ぞろいです。


  ※夏向けのラグマットと、その他にキッチングッズを幾つか購入。

色使いが鮮やかで、見ているだけでも楽しい気分にさせてくれます。ディスプレイにもワクワク感があって、ついつい買っちゃいますね。
値段の割りには丈夫。というか大事に使うので長持ちするのかもしれません。

モノが売れないこのご時世にあって、店内はお客さんでイッパイ。レジも混雑していました。
”必要だから”だけでなく、”欲しいから”買う。消費者を強くひきつける商品の魅力とその演出、取り入れたいものです。  
タグ :IKEA

Posted by 株式会社ブラスト at 07:45Comments(0)徒然なるままに

2010年06月05日

思わぬハードル

iPad、やっと届きました。予約してから1週間も経っていません。あの狂想曲は一体なんだったのか。



さっそく初期設定、、、と思ったらiTunes最新版がPCに必要らしい。いそいそとダウンロードして、その前に古いバージョンを削除して、削除して、削除、削、、、除デキナーイ!

あれやこれや試してもエラー表示が出まくりで全然ダメ。ネットで調べてみると、結構出るトラブルらしくて対処法が載っていましたが、ずらずら書かれてて読む気になれません。
仕方ないので埃を被ってた古いノートPC引っ張り出して最新版をインストール、それで接続して何とかiPadも動くようになりました。

PC初心者でもOKと歌ってますが、PC環境(特にiTunes)完備してなきゃアクティベートできないなんて。。。
実際、最初でまごつく年配者も多いのだとか。iTunesにしても、DOC/V一辺倒だったものにとってApple独特の操作が逆にハードルとなってしまう。

最初は”ポチッとな”で動くようにしておいて欲しかったですねぇ。  
タグ :iPad

Posted by 株式会社ブラスト at 09:22Comments(0)面白ガジェット

2010年06月04日

メリッハリッ

過去には何十種類ものガラスヒーターを作ってきました。


  ※金属元素を分析するため有機成分を焼滅させるヒートバレル。まさに銃身。

当時は製品というより作品って感じで、まるで陶芸の窯元みたいでした。不出来なものは地面に叩き付けて割っ、、、たら処分に困るので割らずに不燃ゴミへ。

今は量産を前提とした案件が幾つか走っています。分野そのものも大体絞り込んでいます。

一昨日のブログで”良いもの”の条件をづらづら書いてしまいましたが、では綿密な計画と絶え間ない実行が成功するかと言えば、そうとも限らないのがこの世の常。

むしろ、「これ面白い!」てな具合にノリと遊びで進めたものが、しぶとく生き残って本格的なビジネスへ発展することも少なくありません。

ガムシャラに頑張るのもいいけど、たまには肩の力を抜くと思わぬ発見もありますね。メリハリ、これ大事です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:25Comments(0)ガラスヒーター(実例)

2010年06月03日

トマトその後

5月に植えたトマト、それがこんなになりました。


 ※一緒に植えたバジルがトマトの陰で日照不足の危機に。。。

早朝に撮影したので日陰ですが、このコーナーは日中の陽当たりが良好です。例年、ひょろひょろとしか育たなかったのに、今年は茎が太くて実も下のほうからなり始めています。

ピーマンは育ちが遅いものの、しっかり実がついています。新たに植えたブルーベリーも根付きました。

夏になると、バルコニーが緑であふれます。ビールと枝豆で夕涼み、今から楽しみです。  
タグ :菜園

Posted by 株式会社ブラスト at 08:14Comments(0)徒然なるままに

2010年06月02日

良いものって。。。

昨日、懐かしい方からメールがありました。その昔、とある技術の商品化を一緒に画策していた、提携企業の担当者でした。
その当時は凄く良いものだからとメンバー一同頑張っていたものですが、結局ものにできませんでした。「良いものがビジネスになるとは限らない」その典型例としてきました。

しかし最近富に思うのは、やっぱり良いものは売れるのです。ただし、”良いもの”とは何か?その基準と価値観は時代やトレンドによって大きく変わる。今やハードの機能性能だけでなく、それを取り巻く環境や社会世相まで加味しないと、”良いもの”にならない。もっと言うなら、ビジネスにあってはスマートな利益回収の仕組みまで成立して初めて”良いもの”とされる。

ところ変わってiPad。Windous一辺倒だった私でさえも、遅ればせながら予約してしまいました。ハードに目新しさは無いものの、何か新しそうと言う期待値が購買意欲を掻き立てられます。でもそこまでの状況を作り出すまで、アップル社は相当長い間しかけをごろうじて来たわけです。

レベルは違いますが、、、弊社のガラスヒーターもそれだけ販売していた当初は売れませんでした。

パッケージに落とし込んでシステムにまで踏み込んで、ようやく問い合わせが押し寄せるようになりましたが、膨大な構成要素を最適に選定するのにかなり苦労したものです。

商品が狙い通りにヒットするのは超天才か超ラッキーか。大方はヒットの影に地道な土台作りと耐えしのぐ継続があってこそ、です。何年か経って、ガラスヒーターはホームランだった!と言える様、まだまだ頑張らなきゃ。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:05Comments(0)ビジネス

2010年06月01日

電化がもたらす変革

ン十年前の子供の頃に読んだ絵本で、未来の自動車は空を飛び、高速道路は空中にあると書かれていたのを強烈に覚えています。


   ※残念ながら空を飛ぶのはまだまだ先のようです。

飛行能力はさておき。暫時的な主流とされたハイブリッド車も、世の中の流れは早や電気自動車へと。
駆動用のリチウムイオンバッテリが注目を浴びていますが、開発現場ではさらに先が取り組まれています。その実験設備としてガラスヒーターが使われるようで、以前は自動車に縁が薄かったようなところからも問い合わせが入ります。
(部署名からテーマがわかってしまうので、極秘じゃないじゃんと心の中でツッコんでしてしまいますが)。

電化になると駆動系や伝達系がガラリと変わり、ガソリンエンジンとは全く違う技術が主役になります。試作車レベルだったら大掛かりな工場は不要。当然ながらビジネスの勢力図も変わる可能性を秘めています。

自動車だけじゃなくそれを取り巻くサービスも変わりますから、別に技術系じゃなくても、ベンチャーでもこの動向に食い込むチャンスは多いにあります。

いつ、何をやるか、またそれに気づくかどうか。。。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:04Comments(0)ビジネス