プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年06月10日

収穫のとき

我が家のバルコニー菜園、ピーマンが1個だけ大きくなってきました。

もう少しじっくり育てたかったのですが、待ちきれない妻に急かされて早々に収穫。ピーマン料理?!を考えてみました。流石に1個じゃ足りないので、スーパーで買い足したピーマンと残っていたナスを使って、肉詰めにしてみました。

ピーマンとナスをくりぬき、野菜と挽肉で作ったタネを詰め、フライパンで焦げ目がつくまで焼きます。出来上がったらチーズを乗せて完成。タネの代わりにリゾット詰めても美味しいです。


  ※焦げたのは ご愛嬌。。。(^▽^;)ゞ

さっそく味を食べ比べてみました。家庭菜園で採れたピーマンは形こそ悪いものの、香り高くて旨みたっぷり、美味!味がしっかり自己主張してて、いわゆる子供が嫌いなピーマンの味。

スーパーで買ったピーマンも食べてみましたが、明らかに味が薄い。野菜独特のエグ味がないのです。

人も野菜も、多少アクのあるほうが旨い?!  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:30Comments(2)料理