プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年06月04日

メリッハリッ

過去には何十種類ものガラスヒーターを作ってきました。


  ※金属元素を分析するため有機成分を焼滅させるヒートバレル。まさに銃身。

当時は製品というより作品って感じで、まるで陶芸の窯元みたいでした。不出来なものは地面に叩き付けて割っ、、、たら処分に困るので割らずに不燃ゴミへ。

今は量産を前提とした案件が幾つか走っています。分野そのものも大体絞り込んでいます。

一昨日のブログで”良いもの”の条件をづらづら書いてしまいましたが、では綿密な計画と絶え間ない実行が成功するかと言えば、そうとも限らないのがこの世の常。

むしろ、「これ面白い!」てな具合にノリと遊びで進めたものが、しぶとく生き残って本格的なビジネスへ発展することも少なくありません。

ガムシャラに頑張るのもいいけど、たまには肩の力を抜くと思わぬ発見もありますね。メリハリ、これ大事です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:25Comments(0)ガラスヒーター(実例)