プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年03月12日

トラブルの対応

昨日は妻が実家に帰っていたので(喧嘩したわけじゃありませんよ)、一人焼肉パーティを決行。


面倒くさいのでフライパンを鉄板代わりに使ったら、意外にも焦げ付きやすかった。

ところで、自分が夕方遅く帰ったとき、〒ポストには宅急便の不在通知が入っていました。宅配ボックス番号と開錠番号のメモ書きを添えて。

宅配事業者の名前を見て嫌ぁ~な予感が、、、案の定、開かない。不在通知を見るとギリギリ対応時間内だったので、電話して担当に来てもらい、すったもんだの挙句やっと開きました。

この事業者はこれで3回目、というか開錠番号の設定を間違えているので、宅配ボックス使ったときは毎回開かないのです。以前は2回とも管理人さんがいる時間帯だったので、マスターキーで開けてもらいました。

開いたからいいや、とばかりにそれで終わらせていたのですが、本来ならそこで事業者に電話して注意喚起して置けば良かったのです。それを放置しておいたから、このたび担当者に電話しても、初めて聞いたと言わんばかりに寝耳に水の状態でした。

トラブルは小さなときに対応しておけば大きく発展しないという、プチ見本でした。
  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:30Comments(2)徒然なるままに