プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年02月27日

初心に戻って

今月は何かと用事が入ってとても忙しい時期でした。おまけに営業日としては昨日の26日で月度末!短っ!
そんなあたふたしている中にも、ふと気づかされることがあります。

知人から、自ら発案・試作した商品を事業したいと相談されています。私としてはオーソドックスに事業計画書の作成を薦め、その作り方を色々とアドバイスしています。

アドバイスの内容は基本的なことですが、では自分が今までやってきたかというと、見落としていたポイントがたくさんあることに気づきます。えらそうに?講釈たれながら、冷や汗をかく始末です。

人に”教える”ことで、それまで中途半端だった知識の輪郭が明瞭になって、しかも自分の体へ染み入るように浸透しますね。起業して12年が経ちますが、日々これ勉強です。


※起業した当初に入居した、山下公園前のシルクビルです。

最初の事務所は、シルクビル内のSOHO横浜インキュベーションセンターに構えました。十数年間に渡ってお休みしていたホテル階が改装され、古い客室がベンチャーの事務所として生まれ変わった施設です。この施設の開所と同時に起業し、同時に入居しました。

その場所は、眼前の大桟橋に大型客船クイーンエリザベスⅡ世号が入港することもある、風光明媚な一等地。70余りの旧客室に70余りのベンチャー事務所が咲き誇り、当時の第3次ベンチャーブームに後押しされて、希望を抱いた起業家たちが華々しく活躍していました。

しかし弊社が4年後に東京へ事務所移転した際、知った顔は小数になっていました。成長して巣立っていったベンチャーもあり、突然いなくなったところもあり。悲喜こもごもがクロスする、ベンチャーブームの縮図とも言える場所でした。

再び横浜に事務所を移した現在、果たして自分は成長しているのか留まったままなのか。自問自答を抱えながら次月へと幕は続きます。。。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:18Comments(0)徒然なるままに