プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年02月24日

高耐熱ユニット

ポリイミド樹脂製のベースを使って、ヒーターユニットを組みました。


※ガラスヒーターのサイズは、およそ5cm×5cmです。ちっちゃな焼肉プレート?!

上側のカバーはステンレス製です。ポリイミドは耐熱性があるとはいえ、熱で微妙に伸びるので、その伸びを押さえ込むためにカバーを金属にしています。
ガラスヒーターの真中にニョキッと突き出たのは、温度を測るためのセンサです。それでヒーターの温度を一定に調節します。

こうやってユニットにしてしまうと簡単に使えます。使う人のアイデア次第で用途も広がります。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:26Comments(0)ガラスヒーター(実例)