プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年02月08日

好奇心と挑戦

今のところ、ガラスヒーターの主なニーズは工場設備や理化学機器などの特殊な分野がほとんどです。それぞれ仕様が違ってくるのですが、その中にも共通にできそうなものが見えてきます。

今、4分割ヒーターに取り組んでいます。全面を加温するだけでなく、4分の1マスづつ加温できます。それをテフロン製のホルダにセットして、コントローラーに繋げれば、スイッチONで手軽に加温できるパッケージにしてみました。


※分かりやすいよう、ホルダの上側カバーは外しています。

これは下地となるニーズは嗅ぎ付けていたのですが、特に発注の依頼があったものではないものです。なんとなく色々使えそうなので、自分の好奇心からやってみました。

でも、例があると問い合わせされる技術担当の方もイメージしやすいようで、「じゃあここをこう変えられるか」「こうした方が良いですよ」とか、話が進みます。思った以上に用途がありそうなので、このパッケージをブラッシュアップ&シリーズ化していく予定です。

何でもやりますできますというより、これをやりますできますと最初は絞り込んだほうが、返って展開は拡がるものですね。  

Posted by 株式会社ブラスト at 10:05Comments(0)ガラスヒーター(実例)