プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2010年02月01日

ガラスヒーター(大)

ガラスヒーターを製作する大きさには制限を設けています。

平板であれば今のところ、400mm四方を最大にしています。

※手に持っているのが実物です。

やろうと思えばもっと大きなものも出来なくはないのですが、迅速多様にニーズ対応し、製造・流通のオペレーションを効率よくこなすには、これくらいのサイズまでがちょうど良いのです。

それに、大きなサイズのニーズはほとんどが保温や結露防止用で、温度も数十℃あれば良いもの。低い温度でよければ多くの競合製品が出ています。

ブラスト社ならではのカラーを、より一層色濃くしていきたいと思う今日この頃です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 10:48Comments(0)ガラスヒーター(技術)