プロフィール
株式会社ブラスト
株式会社ブラスト
代表取締役 下崎勇生
1998年4月1日設立
【事業内容】
電気を流すと透明なまま熱くなるガラスヒーターを製造販売しています。温度制御も含めてユニット化して様々な分野へ展開しています。ただいまバイオ分野の精密温調アプリケーションに取り組み中。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
ガラスヒーター,顕微鏡,細胞培養,タイムラプス,理化学機器(株)ブラスト

2017年07月21日

TASCL

シンガポールから戻って1週間、溜まりまくっていた仕事もようやく落ち着き、細胞培養学会~Biotech~DDS学会から続いていた全国ドサ周り行商のデス・ロードも一区切りです(帰国直後に発症した”シンガポールまた行きたい病”に悩まされていますが)。

さて、地道にコツコツ的なお仕事も忘れてはなりません。昨年から取り組んでいた3次元培養シート「TASCL」のサンプルを発送し始めました。



まだ商用サンプルではなく、学術協力として発明者の先生から直接送っていただきます。まずは用途や対象を開示していただいた研究者を優先にしています。
このシートは細胞をより立体的に培養できる窪みがあって、窪みに孔が開いているので底面素材を自由に選択できるメリットがあります。そうすると本来の目的であったスフェロイド(球状)形成だけでなく、多種多様な用途で関心を持たれることが増えてきました。

3月の再生医療学会では申し訳程度にブースの片隅に置いてあったのが、今や共培養容器「NICO-1」と並ぶスペースを割くようになってきました。3次元培養はインパクトあるので、ブース全体のアイキャッチにもなっていますしね。

面白いことに、興味ある人は凄い勢いで食いついて来るのですが、無い人は全くもってスルー。買う人を自ら選ぶクセの強い素材です。ある意味、とてもPRしやすい。何とか行けそうだと判断できたので、9月のJASISではサンプルではなく実際の販売にこぎつけられるよう、取り組んでいます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:32Comments(0)ビジネス新しいものチャンバー

2017年05月10日

機動力と人手

GW中はPC環境を整備してました。新しいPCに合わせて古いPCもWindows 10にアップグレード。


しかし10は操作体系が全く違うので戸惑うばかり、しばらくは7と併用です。クラウドを前提とする10と、基本ローカルの7とは相いれず、物凄くアナクロな使い方しています。
でもこれ、慣れると機動力が今以上にアップしそうです。提携先工場との製造体制をよりネットワーク化してモノづくりを強力に進められます。

組織運営が効率的になる分、”人手”はますます最小限になるのですが、逆に”人材”は必要性が増します。このあたり、売り手市場といいつつミスマッチが起こりやすくなって、どこも共通する課題です。営業や技術は努力で何とかなりますが、「人」は縁のなせる妙が大きいですからね。

直近で困っているのが展示会のコンパニオンさん。6月下旬のバイオ・ライフサイエンス展のコンパニオンさんがまだ決まらないっ!以前はイベント事務所に声かけたら直ぐ何人もエントリーあったのに。。。
今年は派手にしようと思っていたのですが、世の中同じ動きのようで、より華やかで大きなイベントに流れていくみたいです。良い人は費用も跳ね上がってるし、最近の悩みの種です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:41Comments(0)ビジネス新しいもの

2017年04月18日

古くて新しい

新しく買ったPCを良く見ると、何とシリアルポートが付いていました。

計測機器の接続やマイコン作成には必須の通信規格なので開発現場では現役です。だけど最近のPCでは全く付いていないので古いPCをわざわざ取っておいて、使うたびに引っ張り出します。これが結構メンドくさい。そういったニーズを汲み取ってくれたのでしょうか。

シリアルポートとUSB3.0が同居するPCは何だかシュールですが、技術系にとって便利なのは間違いない。さっそくマイコンボードと接続します。


しかし、OSが対応していないという無慈悲なメッセージが。。。マイコンボードの製造元をみると、”7”までしかバージョンが無く、今後の商品化もないとのこと。ボードそのものも新しく揃えなきゃ。お金かかるなぁ。

新調したノートPCも含めて未だに使いこなせていません。Windows 10は操作系が7と全く違うので、どうしても日々のルーチンワークを最速でこなすには古いPCを使ってしまいます。一方で”10”はクラウドを前提としているOSだから、使いこなしたら相当便利になるはず。

便利になるためにどんどん忙しくなってくるのは脳みそがついていけてないのかも。自分もバージョンアップしなきゃ、ということでダンベルが古くなって割れてきたので、重さを増やしたのをポチッと購入。夏に向けて体力増進です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 11:34Comments(0)徒然なるままに面白ガジェット新しいもの

2017年03月30日

これください

パソコンがやたら遅いと感じる今日この頃。もう何年も前のものだから仕方ないのですが、工具備品の予算を殆ど使っていなかったので、一通り買い替えるとにしました。
年度末まであとわずか。ついでに色々な備品もここぞとばかりに買い揃えます。ビックカメラや秋葉原で鬼のように「これください」を連発、Amazonでもポチっとしまくりの祭り状態。普段は始末して買い物しないので、超気持ちイイですね。

とりあえずiPadを設定。下はノートPCで、起動はこれからです。


最新iPadは厚みが初代の半分で、サクサク動きます。近頃はタブレットやスマホばかり使うから新入社員がPC使えないって記事を読みましたが、あんなに快適に動くなら日常の定型業務ではタブレットでも十分そうです。

ノートPCは13.3インチのディスプレイサイズでCPUがi5ながら、何と重量が800gを切ってます。紙の資料をまとめたファイルより軽い。展示会で1週間ほどホテル泊まりすることも増えてきたので、その場合は流石にタブレットじゃキツいですからね。

デスクトップは大きさが弁当箱くらいのミニシャシータイプ。長期出張ならデスクトップもホテルに持ち運んでTVにつないだら、そこがオフィスだっ!高機動型ベンチャー極まれり。

たった何年かの間に随分進歩していて、なんだか浦島太郎になった気分です(PC買い替えの度に言ってそうだ)。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:34Comments(0)徒然なるままに面白ガジェット新しいもの

2017年01月20日

NICO-1専用アダプタ

以前に並列式細胞培養容器NICO-1をブラスト社製の細胞培養チャンバー標準サイズへセットするアタッチメントを紹介しました。
でも今は数多く捌けるものでもないので、受注販売です。

納期3週間もかかるのでどうしようかなぁと思っていたら、総販売元のギンレイラボ社さんから市販の培養プレート大に並べられる専用アダプタが販売されることになりました。

これなら即納できます。2月はギンレイラボさんもブラストもキャンペーン張る予定なので、素早く納入できてPR効果も上がりそうです。

それと、材質は樹脂だったNICO-1ですが、底面だけガラスになったバージョンが今度販売される予定になりました。底が非常に薄く、高い倍率での顕微鏡観察が可能になります。またガラスなので偏光せず、色々な顕微鏡で使用できます。

実績を重視する理化学分野では今までにないものを売る場合、広まるのには時間がかかります。でも点が線に、線が面になるが如く、ある日あるときを境に一気に広がる時が来ます。
大事なのはそのタイミングを見極めること。NICO-1もそろそろ次の段階に行く時期にあるようです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:31Comments(0)ビジネス新しいものチャンバー

2016年12月22日

デスクトップFAB

オフィスにある3Dプリンタは大活躍です。ポチッと印刷ボタン押したらギコギコ動いてブツが出来上がってきます。
だけど製作範囲が広がると切削マシンが欲しくなります。切削は外注に出していてだいたい2週間かかるので、テストショットなら直ぐ造ってみたいものです。

切削用のCNC旋盤なんて工場に置くものと思っていたけど、今や机サイズのマシンも出ています。そこで、前から狙いを付けていた機種のワークショップに行ってきました。


PCで簡単なモデルを作図してデータをマシンへ送る、と。おお、目の前で刃物が動いて板を削り、徐々に形どってきます。

工場専用マシンに比べたら機能性能は最小限だけど、テストピースは作れそうです。机上の空論とは役にたたないことへの冠言葉ですが、今や机上でモノづくり出来る時代。発想力で勝負できます。

とはいえ、その上位機種を見たらそっちのほうが欲しくなりました。これなら商品用パーツも作れる!お値段はそれなりに高いけど年間の外注費よりは安いので1年もたたずに元が取れます。

でも重量が120kg!!流石にオフィスでという訳にはいかない。広くなくてもいいけどコンクリート床が必要です。

期待と現実の狭間で悩ましい今日この頃です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:20Comments(0)ビジネス新しいもの

2016年11月28日

宇宙、キター!

無重力での培養実験装置に関する検討が煮詰まってきたので、先週末は筑波の宇宙センターへ打合せに行ってきました。


  ☆日本が担当する実験室「きぼう」は赤い丸印。思ったより大きい位置を占めています。

何せ全く経験したことのない世界。そこへ向けた創造には想像が必要です。それでも出来る限り情報収集して、少しでもリアルに近づけられるよう務めます。その課題解明プロセスは他にも幅広く応用できるので、搭載の可否にかかわらず基礎技術力の底上げとして積極的に取り組んでいます。

ところで、前回の打ち合わせで、センターの担当の方が物理的な位置を指すのに「上」という単語を仕切りに使っておられました。体育館くらいの広大なスペースで所狭しと機材が置かれ、"これは「上」に持って行きます"とか、"これは前に「上」から下ろしたものです"とか。

「上」?屋上に物置でもあるのかと思っていたら、何と遥か頭上の宇宙ステーションのことを指していたのです。違いすぎる大きいスケールなのにまるでお隣さんを示すように平然と話す口ぶりからは、如何にミッションが日常となっているかが伺い知れます。ミーハーだけど、カッコイイ!

まだまだコンペは先で、やってみないと分からないこともあるけど、ギリギリまで考えて考え抜いて、最後に絞りだされる一滴が血肉となると信じて、力を尽くすのみです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:09Comments(0)ビジネス新しいもの

2016年11月16日

自分を知る

敵を知り己を知れば百戦殆うからず。自分のことをちゃんと知るために体組成計を買いました。大手メーカー製ながらン千円と安く、体重や体脂肪率はもちろん基礎代謝や皮下脂肪、筋肉量など色々測れて体年齢まで出ます。



さっそく測ってみると、全項目で見事に標準ど真ん中!日頃の筋トレは成果出てます。

さて、絞り込みは達成できたことだし、今まで週2回やっていたのを今度はバルクアップ目指して毎日行う部位別プログラムへ切り替えました。戦うアスリートなら順番が逆(肥大化させて絞り込み)なんでしょうけど、自分のはあくまで健康筋トレですからね。

部位別プログラムとは今日は腕回りだけ、明日は胸回りだけ、明後日は腹回りだけという具合に特定の部位だけ負荷をかけて他の部位は休ませ、疲労⇔回復に必要な期間(2~3日)を確保するものです。

以前は全身が疲労困憊するまでやってたから、展示会が続いたりするとどうしても出来ない時がありました。これなら総負荷量を増やしつつも1日の時間は短く済むので、空き時間にサクッと出来ます。

やってて気づいたけど、部位別プログラムは緊張(ストレス)と緩和(リラックス)のサイクルを集中的に回すやり方です。
最近では脳についてもずっと思考を巡らすのでなくボーっとする時間が重要と言われています。ハイパーサーミアでも熱そのものではなくヒートショック(温度差)が細胞への影響を図ると捉えて、それに合わせた制御を作り出していました。

何にしても、漫然とした状態じゃ鈍るか擦り減るかのどっちかになるわけです。先生も走る師走が近付いて体も仕事も調子を崩しがちなこの時節、メリハリ付けて乗り切ります。  

Posted by 株式会社ブラスト at 08:06Comments(0)面白ガジェット新しいもの

2016年11月12日

ファミコン

一昨日、初代ファミコンがリニューアルで販売されました。本体は手の平サイズに小さくなってソフト30本を内蔵して税込6千円ちょっと。懐古人気も手伝ってか予約も早々と終了して、ネットではプレミアついて8,000円くらいになってます。自分は予約受付はじまって直ぐ申し込み、発売日に手に入れました。


  ☆最初はやっぱりスーパーマリオ

荒いドットに無機質な電子音。懐かしい。何もかも、懐かしい。学生の頃に夢中になって大勢で楽しんだ記憶が、ゲームとともに蘇ってきます。攻略本も出回って隠しコマンドで必殺技を披露しあうのがまた楽しかった。

それからスーパーファミコン、初代プレステと続いてゲーム業界の浮世真っ盛りだったでしょうか。社会人になって自由になるお金が増えた頃は、ゲームソフト買いこんで寝食忘れて何時間も熱中し、挙句の果てに出張で行く予定の飛行機に乗り遅れたこともあったりして。

今や主流はスマホゲームとなり、時代の移ろいと儚さを感じます。ゲーム専用機も頑張ってCGで映像は格段に奇麗になったけど、老眼がひどくて出来ないwww。そういうおっさん世代の懐を狙った昭和レトロのあざといマーチャンダイズが最近は多いなぁとは思うのですが、つい乗ってしまうのです。

なんて言いながら妻と二人、マリオに夢中。熱くなって仕事も家事も忘れそうになるので、今日のところは封印です。他にもパックマンとかドンキーコングとかグラディウスとか、もうどうしましょ。30分たったら切れるようなタイマーでもつけないと危険です(子供かっ!)。  

Posted by 株式会社ブラスト at 14:24Comments(0)面白ガジェット新しいもの

2016年11月05日

Made in 俺

新価値創造展の閉幕後の帰り道、ビッグサイトの特徴的な逆三角にプロジェクションマッピングが施されていました。写真が下手ですが、夜空に映えて奇麗でした。



最近の展示会では日本の技術を輸出したい商社&導入したい海外メーカーが多く来訪されます。中でも顕微鏡インキュベータは注目の的。その際に必ず聞かれるのが技術の「氏素性」です。どこで作っているのか、日本製か、権利は誰が持っているのか等々。

理化学機器は江戸ギヤマンの時代に端を発するほど伝統と歴史が長い業界ですから、医療機器業界から参入した新参者がいきなり製品出しても、そりゃ半信半疑ですよね。自社オリジナルと説明しても中々伝わりません。中にはMade in Japanかと何度も聞いてくる人がいて、思わず叫んでしまいました。

「こいつはMade in "俺"です!(ワシが作ったんじゃぁあ!)」

そう言うと驚きながらも去って行ったので、ドン引きされたかもしれません。でもこのフレーズが妙にツボに嵌ってしまい、度々使っています。

今でこそ工場の品質管理の元でアセンブリされてる商品ですが、一番最初の頃はガラス基材に膜を手塗り、制御基板は秋葉原で買ったパーツをハンダ付け、躯体はホームセンター&100均の素材を彫刻刀で削ってドリルで穴開け。火傷や切傷こさえながら作ったものでした。(夏休みの工作かよっ)

軸足の中心が自分だと応用を広げてもブレないし、新しいテーマがどんどん生まれます。NICO-1や3次元培養容器も発明者の先生方が自ら手を動かして作り上げたものだから、異分野コラボも進むのです。  

Posted by 株式会社ブラスト at 13:00Comments(0)徒然なるままにビジネス新しいもの

2015年12月21日

フラッシュトレーニング

先週は入居しているシェアオフィス「NAGAYAかわさき」での忘年会でした。メンバーでお魚料理に精通してる方がいて、施設のキッチンスタジオで腕をふるっていただきました。もうこれお店のような絶品の味です。お魚も新鮮だし、参加者で舌鼓を打ちました。



ところで、個人的に受けているパーソナルトレーニング、オープンスペースでミット打ち体験会も行いました。現役プロボクサーの先生がミットを持って初心者でも安全に楽しめるボクササイズ体験です。


参加者もノリノリです。物理的に何かを殴ることは普段は無いわけで、体力作りにもストレス発散にも最適です。

そして1月17日(日)10:00~12:00、この「NAGAYAかわさき」で【新春!おせち太り解消トレーニング】を開催します。体幹トレーニングとボクササイズを合わせたフラッシュトレーニングと銘打ち、正月に貯め込んだカロリーと脂肪をフラッシュ!(洗い流し)するわけです。会費は1,000円とお得です。

将来的には本格的なパーソナルトレーニングビジネスにできたらいいなぁ、なんてことも考えてたりします。まだプログラムを試行錯誤中ですので募集人員も5名くらいの小規模を想定しています。早いもの順ですので、興味のある方は

是非お問い合わせください。  

Posted by 株式会社ブラスト at 11:00Comments(0)新しいもの

2015年10月08日

NICO-1

来週からバイオジャパンがパシフィコ横浜で開催されます。弊社も神奈川パビリオンで出展、今年最後の展示会です。

10月から販売提携したiPSポータルさんも出展するので、展示をリンクさせて見せ方を広げる予定です。単に弊社製品を売ってもらうだけじゃなく、先方の商品も組み合わせると面白いものができそうです。

中でも興味を引くのがこれ

  ☆NICO-1と書いてニコイチと読みます。

小さなウェルが2個1組となって、それが2セットで1単位です。この2個1組(だからニコイチ)のウェル間は特殊なフィルムで仕切られていて、それぞれのウェルに違う細胞を入れると徐々に移っていき、細胞同士が影響しあう様を観察できるというもの。

これをブラスト社のチャンバーと組み合わせると、浸潤モデルが非常に安く手軽に出来上がります。バイオジャパンではこういったシナジー効果を押し出して目新しさを出したいですね。

-----------------------------------------------------------------
☆2016年5月10日追加記事
NICO-1の販売を始めました。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:10Comments(0)新しいものチャンバー

2015年08月16日

黒フィラメント

3Dプリンタのフィラメントは今まで白を使っていましたが、交換する際に黒にしてみました。



色見は商品かと思うぐらい見栄え良く、イイ感じです。ただ、良く見ると積層ピッチ見えて、そのギャップにチープ感が漂います。白は見た目からして如何にも試作品っぽいので、積層ピッチ荒くても”まあ、こんなものか”と納得してしまいます。

見た目が良いと、それに期待値と要求レベルもリンクしてしまうようですね。

さて、昨日は多摩川で花火大会がありました。


打ち上げ場所はオフィスの目の前!豪華で迫力ある花火が何発も上がります。起業したときに入居した山下公園前のシルクビルで横浜花火大会を堪能していたのを思い出しました。あれから十ン年、随分とブラスト社も様変わりしてきました。

明日からお盆明けで多くの会社が一斉に動き出します。ビジネスにフライングはありませんから、今日中に色々とスタートダッシュかけておくことにします。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:28Comments(0)新しいもの

2015年07月21日

CO2カートリッジ

顕微鏡に設置して細胞培養しながら観察できる「顕微鏡インキュベータ」では庫内のCO2濃度も一緒に調整します。大抵の研究室には大型の炭酸ガスボンベがあるので、そこから引いたガスをCO2コントローラ内部で濃度調整して細胞培養チャンバーに送り込みます。



しかしボンベと顕微鏡が離れていたり新設の研究室だったら長ーいチューブで引っ張ってくるのも大変なので、小型のCO2カートリッジを用意しています。


  ※500mmペットボトルよりチョイ小さめ。

このカートリッジは手軽で便利な半面、1本で15時間くらいしか持たないので、何日にもわたって細胞培養するには朝晩交換しなければなりません。手間だしランニングコストが高すぎるので、展示会とかデモとか自社用にしか使っていませんでした。そこで持続時間を長くするよう色々と改良していました。

なかなか上手くいかなかったのですが、コントローラ内部の配管をちょっと変えただけで劇的に向上することがわかりました。
以前は1本で15時間程度しか持たなかったのが、改良後はなんと2日以上持ちます。

たぶん今まではカートリッジ内部のガスを強制的に排出させてしまう圧力差ができていたのでしょう。それが解消されたことで、ゆっくり少しづつガスが出るようになったようです。正解はすぐ近くにあるのに気付かないままって良くありますが、それを気付けるようになるのもまた経験です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 09:08Comments(0)ガラスヒーター(実例)新しいもの

2015年07月14日

24時間戦えますか!?

独特のリズムのCMでおなじみのラ○ザップ、釘づけになった一人です。あそこまでは到底無理でもお腹周りが気に出した今日この頃、ちょっとひっこめるべく近所の公園をウォーキングしています。1周およそ2kmと程よい感じで、紫陽花が咲き乱れて気持ち良く歩けます。


   ☆爽やかな絵面がタイトルと合わないっ!

それと先月から知人の紹介でパーソナルトレーニングを受け始めました。先生は現役プロボクサー、減量や体力づくりのプロフェッショナルでもあります。初回は緩くて続けられそうと思って本格的なコースになると、キツい!3日たった今でも体の節々が痛い。。。
でも全く無理と言うほどじゃなく、体を改造してる!って具合の負荷で筋肉痛も小気味良いです。それに食事の方法も教えてくれます。

これ、忙しい経営者のためのパーソナルフィットネスってやったら、受けそうな気がします。「激動する社会をその体で戦えますか?経営者のための出張トレーニング」なんて。

もっと本格的にビジネス化してくれると自分も受けやすくなるので、ちょっとづつ参加者呼びかけて先生も生徒も持続できる環境をつくりたいなぁ、と企んでいます。  

Posted by 株式会社ブラスト at 17:10Comments(2)新しいもの

2015年06月17日

チャンバーを3Dプリンタで試作!

ポケットチャンバーは色々な形状カスタムの引き合いが多いのですが、そのときに役立つのは3Dプリンタです。今年4月に入れたのが最近はフル稼働です。



左がスライドガラス用、右が35mmディッシュ用です。高湿度維持のための水を周囲に張っておけるよう、その枠も設けてあります。

あくまでテストショットなのでスライスピッチは荒く設定しています。表面ガタガタだけど、その分早く製作し終える(1~2時間くらい)のでラクチン。狭い場所にも指が入るかとか忘れている加工箇所がないかとか確認して、具合が良ければNCでの精密切削に出します。

ちょっとしたお試し使用ならスライスピッチをもっと細かくしてそのまま使うこともできます。デモ機貸出の際、面白そうなテーマならサッと作って提供することでお客さんに喜んでもらえるし、ついでに過不足を確認してもらえばスクリーニング(それもエンドユーザーによる)もできて、良いことづくめですね。  

2015年04月16日

できる!3Dプリンタ

オフィスにやって来た3Dプリンタ、使い始めました。セッティングは拍子抜けするほど簡単です。デモ印刷が上手く行ったので、今までに外注工場で製作したパーツの中で一番簡単なのを選んで作ってみました。



音はインクジェットプリンタくらいでオフィスの中では気になりません。およそ40分ほどで出来あがり。
テーブル温度が80℃と表示されていたので、冷えるのを待つ間にサーモグラフで測ってみると確かにその通り。このテーブルのヒーター、ガラスヒーターだったら早く加熱して早く冷えるのに。


右が3Dプリンタで作ったもの。確かに表面は荒いけど、全然良い!寸法比率は正確です。このパーツは一回目に作ったときは他の部品との兼ね合いが悪くて作り直したものですが、一度3Dプリンタで確認して本製作に移れば無駄を省けます。
いやこれ、何これ!モノ作りのプロセスがガラリと変わりそうです。それもちっちゃなベンチャーのオフィスでこんなに手軽に使えるようになったなんて、恐ろしい時代になったものだ。

そういえば週刊マイ3Dプリンタは止めました。読み始めると1年待てなくなって今回の購入に至ったわけで、デアゴさんごめんなさい。

次は卓上CNC旋盤にチャレンジしてみたいですが、さすがに音がでかそうです。もっと成長して隔離エリアのあるオフィスに引っ越したら、になりそうです。  
タグ :3Dプリンタ

Posted by 株式会社ブラスト at 09:33Comments(0)ビジネス新しいもの

2015年04月04日

3Dプリンタ導入!

ついに、とうとう、3Dプリンタがやってました!朝からそわそわ、ワクワク。到着したらいそいそと梱包解いて、やたらベタベタついてる保護フィルムを剥がします。

いやー、それにしてもデカい。大きめの机を半分占めてしまいます。もちろん業務用よりずっと小さいのだけど、パーソナルユース用の中では最大級(小型冷蔵庫並み)。でも造形可能なサイズも200mm立法と最大級。



ガラスヒーターユニットにはリード線や温度センサを取り回しするために耐熱樹脂のホルダを用います。今までは社内でCAD図を作成し、外注工場へ出して製作してもらってました。しかし新規の特注では往々にして図面ミスが生じるので、また図面修正して加工し直しと、費用も時間も随分ロスします。

そこで一旦3Dプリンタで打ち出して確認し、問題あれば図面修正してから工場に出すことで無駄なく製作できそうです。これぞスマートマニュファクチャリングw。

とはいえ3Dプリンタに触るのは初めてなので、どんなものか図るべく一番安いのを買ってみました。精度は荒いけどテストショットが目的だから問題ありません。どのみちNC旋盤での精密加工が必要だし。

残念ながら今日は梱包を解くまで。新年度に入って急に問い合わせが増え、バタバタし通しです。でもじっくり勉強して新しいオフィスで新しいプロセスを取り入れてみたいと思います。
  

Posted by 株式会社ブラスト at 17:35Comments(0)新しいもの

2015年02月16日

ウェルプレート固定具

顕微鏡インキュベータは電動ステージに載せて自動で観測場所を追うこともあります。
細胞はインキュベータ内に設置した培養用のウェルプレートにて培養するのですが、そのウェルプレートがずれないよう固定するアタッチメントも用意しています。


  ☆2か所の板バネで押しつけて固定します。

しかしウェルプレートの寸法は共通規格のはずなのに、メーカーによって微妙に違うのです。そのためある製品はスカスカで固定できず、ある製品はギチギチで入らずなんてこともあります。
一旦縦に起きて横方向に抑える2点折りバネなら良さそうだけど、お値段も上がるし(一品モノなので意外に高額)、何だかウツクシクない。

ある日、以前の記事で紹介した、ステージから掘り下げた位置に固定する電動ステージ用チャンバー用のバネを製作したところ、バネが下に伸びた長い形状となり、スッ!ピタッ!と収まってくれたのです。

そこでバネにスペーサをかませて長いままで固定してみました。


超簡単な作りですが、バネが長くなったことでたわみ代が大きくなり、これが実に塩梅が良く色々な寸法にフィットしてくれます。


2点折りバネよりシンプルで美しい構造になりました。
メインの機能に比べたら小さいことだけど、喉に刺さった小骨みたいな悩みが取れて、スッキリした気分でした。  

Posted by 株式会社ブラスト at 07:41Comments(0)新しいもの

2014年03月20日

ヤバいもの?!

いいブツが手に入りやした。もうね、小芝居ネタが必要無いほど見たまんま。これ、鞄に入れてたら絶対に飛行機乗れないだろうなぁ。


  ☆さらさらの白い粉

ガラスヒーターのしつこい汚れは無水アルコールか除光液で清拭します。しかし樹脂や油が溶けて焼き付いた場合は最早汚れのレベルじゃないので取れません。
そういうときは超々極薄の導電膜を傷めないよう、表層の焼き付きだけ研磨するのですが、車用のポリッシュやコンタクトレンズのクリーナなど色々試したものの良いものがありませんでした。

そこで粒子径の異なるナノパウダーを配合して試したところ、最適なモノが見つかりました。それが上記のブツと言う訳です。


    ☆水で溶いて液体状に(→ますます怪しくなるwww)

軽い焼き付きはもとより、微細な傷も上手く消えてくれます。研磨の後に加熱してサーモグラフィで見ても、温度分布や加熱速度に影響しません。こりゃスグレもんです。

修理依頼が来ても焼き付いたものは廃棄するしかなかったのですが、これで対応策に幅を持たせられることになりました。ひとまず安心です。  

Posted by 株式会社ブラスト at 15:22Comments(0)新しいもの